14年目のお別れ

c0017505_17453697.jpg
実家の愛犬が調子を崩している、と母が心配し始めたのが1週間前。

今朝方、14歳と5ヶ月の天寿を全うして、愛犬は虹の橋を渡りました。

本当は火曜日の夜に愛犬の顔を見にいくはずだったのですが、
忘年会があることをすっかり忘れ、しかも風邪を長引かせてしまい、
忘年会を早退して、そのまま顔を見ることなく自宅に帰りました。

金曜の夜、ようやく顔を見にいけました。

1週間前までは、後ろ足がふらつくけれどなんとか立てていたのに、
木曜から、両足で自力で立つことができなくなっていました。
でも食欲は旺盛で、口元に大好物のりんごを持って行くと喜んで食べ、
大好物のししゃもも、ガツガツと食べていました。

食べられなくなると危ない、咳をするようになると危ないと聞いていたので、
食欲旺盛なうちはまだまだ大丈夫かな、と思っていました。

でも、食後、震えながら呼吸をしているのを見て、おかしいと思いました。

あごの下をかいてやると喜ぶので、手をあごの下に差し入れると、
呼吸がとても細くなっているのが分かりました。

いつもそうするように、私の前腕に甘えて顔をこすりつけてきました。
「抱っこしたいの?」と聞くと、体を起こそうとしたので、
わきの下に手を入れて持ち上げるとなんとか立ち上がり、
そのまま、あぐらをかいた私のひざに倒れこみました。

抱っこがとてもとても大好きな子で、
肩もみをしてやるのが大のお気に入りな子なのですが、
後ろ足がふらつくようになってから、抱っこも嫌がるようになっていたので、
こんな風に、抱きかかえるようにして抱っこするなんて初めてでした。

おかしい、と直感しました。

体を抱きしめたら、なんとなく体が冷たくなっていて、
おかしい、おかしいとただただ涙が止まりませんでした。
抱っこしたまま、息を引き取ってしまうのかもしれない、
そしたらこのままずっと抱っこしていよう、と、
子守唄を歌いながら抱っこしていました。

しばらくして、もぞもぞと膝から降りようとしたので、下に下ろすと、
やっとこのことでいつものように丸くなって、目だけは私を見ていました。

もう本当にお別れなのかもしれない、離れたくないと父母に言ったのですが、
風邪がまだ治っていないのにどうするんだ、帰りなさいと一喝され、
昨夜遅く、帰宅しました。
帰ってからも泣けて泣けて、2時半に目が覚めてから眠れませんでした。

父は同じ2時半ごろに、愛犬の苦しそうな鳴き声で目が覚めて、
そのままずっと、朝6時30分ごろ、息を引き取るまで傍についていてくれたそうです。
私が目が覚めたのは、愛犬が呼んでいたのかもしれません。

朝方、母から電話が来ました。
支度をして実家に行くと、既に息を引き取ってはいましたが、
まだぬくもりが残っていました。
そのままお寺に行くまで、ずっと傍を離れられませんでした。

父によれば、最後まで、ドッグフードを食べたがり、5粒食べて、
大好きな牛乳で口元を湿らせてもらい、
静かに静かに、息を引き取ったそうです。

苦しまず、旅立てたのが、せめてもの救いでした。


10時に迎えに来てもらい、お寺で荼毘にふしてもらいました。
空に還っていきました。
今朝はとてもとても気持ちのよい青空でした。


今もこの手とひざに、あの子の柔らかい感触が残っているのが、苦しいです。
つい昨日までいた命が、今日はいない。
実家の近くに住んでいるのに、なにかと自分の都合を優先して、
顔を見に行っていなかった。
もっともっと、抱っこしてあげればよかった。
[PR]
by hamu_totoro | 2010-12-11 17:45 | はむの日常 | Comments(6)
Commented by さこち at 2010-12-11 23:59 x
ご冥福をお祈りします。
読んでいると、ハムスターが死んだときのことを思い出します。ねずみなのにね・・・、ボーボー泣いて家族を困らせたんですよ。
動物は口がきけないからね。調子を崩してからああしてやればよかったこうしてやればよかったと、自問自答して悲しみスパイラルに一週間ぐらい溺れてしまいました。大切にお弔いをしてもらって、わんちゃんも幸せに旅立っていったと思いますよ。
Commented by うみのや at 2010-12-12 02:07 x
ご冥福をお祈りします。
つらいですよね。私も昨年、15年飼っていた
犬を亡くしたときは、立ち直るのに時間がかかりました。けれど、体はもうないけど、ずっといるんですよね。だから、悲しんでばかりもいられないなと思って
毎日楽しく過ごそうと思っています。
うちの犬とも、虹の橋の向こうで、はむさんちのワンちゃんが遊んでくれるといいな。
Commented by はむ at 2010-12-12 19:06 x
◆さこちさま

お悔やみ、ありがとうね。
ボーボー泣ける気持ち、とてもよく分かります・・・
目の腫れはようやく引けてきたけど、顔が腫れぼったい。

口がきけなかった分、ちょっとした仕草や、甘えてくる姿が思い出されるたびに愛おしいよね。

まだ悲しみスパイラル真っ只中という感じ。
もう少し、時間が経てば違ってくるのかな。
ほかの事に集中しているときは大丈夫なんだけど、
ふとした瞬間に泣けてくるので、家族を困らせています。
Commented by はむ at 2010-12-12 19:11 x
◆うみのやさま

お悔やみ、ありがとうございます。
うみのやさんも、大事な家族を亡くされたんですね。
荼毘にふして、家族で拾って、小さな姿になって
帰ってきているのを見ているのに、
夜になると、まだそこに居るような気がしてなりません。

うみのやさんちのワンちゃんと、虹の橋の向こうで、
きっと遊んでもらっていると思います。
リードも首輪も無く、晩年不自由になった後ろ足も元通りになって、
仲良く、自由に跳ね回っていてほしいです。
Commented by masshy85 at 2010-12-19 17:18
御愁傷様でした。
犬との別れは何回経験してもつらいです。
特に自分が躾けた、とか散歩は私の担当だったという犬はね。
でも、又飼ってしまうのです。
きっとはむさんの腕の中で抱っこされてうれしかった事と思いますよ。
でも、生きている時にちゃんと抱っこできてよかったですね。
Commented by はむ at 2010-12-20 23:14 x
◆masshy85さん

お悔やみありがとうございます。
初めての仔だったので、お別れがこんなに辛いものだと、身をもって知りました。
私の役割は「抱っこ姉ちゃん」だったので、
母親のような気持ちで接してきただけに、辛いです。

本当にそうですね、生きているときにちゃんと抱っこしてお別れできたことが、一番嬉しく、またその感覚を思い出すたびに胸が苦しくなります。
温かいメッセージ、本当にありがとうございます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


パンやお菓子作り、畑仕事、陶芸、うたの楽しみを綴っています。作業療法士。たまにお仕事(精神障がいの方の支援)の話も。 ※日記に関係のないコメントやトラックバックは 削除させていただきます。


by hamu_totoro

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ

ブログパーツ

link

お気に入りブログ

日々是日記 - リターンズ -
montblanc / ...
ご飯と器
ほっとひと息
おとなは、だれも、はじめ...
Cafe Eight キ...
Cafe8センム日記
花屋&Cafeの話
土あそび
作陶日記 - つぐみ製陶...
happy days -...
ばーさんがじーさんに作る食卓
*花伝書*
ぱくぱくスタジオのパンダ日記
Kie*ものもの画帖
銀座 月光荘画材店
田中農園・ぺトラン 
The Lark Asc...
うつわやの、箸の上げ下げ
カオリラックスのリラック...
uto-uto to t...
代官山だより♪
お花いろいろ・レザンジュ...
ぴるりの気ままに日記
PURE CAFE
家事も仕事もぼちぼちと
Baking Diary
tsubomi.
K's Sweet Ki...
楽子の小さなことが楽しい毎日
Pure food li...
Psalm of The...
ばら屋さんのフラワーレシピ
hana* blog
My*Simple*Style
おうちを買おう
skippy's home
My slowlife ...
土遊布・どうゆうふう???
Eightablish
陶芸家・大江一人 『ロク...
代官山の手芸店 Merc...
おべんとう日記vol.2
いつか晴れた日に
ル・ポタジェ
Mis favoritos
カンタとハンナ
うつわノート
room 153+++
ユニオンスクエアの窯 ☆...
おかゆのきまぐれにっき
カエルのはんこ工房
Natural Life
natural life...
by the beach
vege dining ...
ブレーメン通信
ひろぽんのつぶやき
coupe-feti
JIM-NETニュース
O・ha・na・shi日...
YPSILONの台所 Ⅱ
えいえもん日記
新潟生活
粉もん☆マニア
Content S.K
糀 料 理 研 究 室 ...
アイシングクッキー&シュ...
召しませ!
『しかくいうつわ展』
ki-to-te直売所・...
おいしいおいしい うまいうまい
池田大介 器と余白

以前の記事

2016年 02月
2014年 10月
2014年 09月
more...

カテゴリ

はじめまして。
プロフィール
はむの日常
うた
手ごねパン
陶芸
手作りのもの
友部
築地・月島
作業療法
ハーブ園
忘れずにいたいこと

最新のトラックバック

料理写真教室☆大盛況!あ..
from お菓子教室&食育コミュニティ..
掲載、ありがとうございま..
from 「お散歩すとあ」店長のひとり..
写真展に行ってきました(..
from ● ほんとの「豊かな生活」を..
花緑「も」だいすきです
from 落語だいすき!
ホワイトデー
from hachilog2.0

検索

ライフログ


東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~


ベビーブック―もの、こと、おはなし


「たからもの」って何ですか


バッテリー


イントロデューシング


ブラバン!甲子園


京都のお酢屋のお酢レシピ (アスキームック)


赤毛のアンの手作り絵本〈2〉青春編

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

パン
料理・レシピ

画像一覧