2011味噌仕込み

2月末、我が家のお味噌を、今年も無事に仕込むことができました。
仕込みは今年で3回目になります。
とはいっても、1年に一度か二度のことですから、細かいことまでは覚えていないので、
前の記録やレシピをもう一度見ながらの作業です。
2010年の仕込み
2009年の仕込み

c0017505_21152563.jpg
今年も、大豆は築地の塩田商店さんで購入したもの。
「北海道鶴の子大豆」1升分(約2リットル)。
粒の大きさがきれいにそろい、つやつやと光るような良い大豆です。


c0017505_21192954.jpg
今年の冬は特に気温が低いので、一晩浸したくらいでは戻らないかもしれないと思い、
茹でる1日半前から、たっぷりの水に浸して戻しました。

実際、豆をつけて一晩たって様子を見ると、戻りがそろっていませんでした。
長めに浸水時間を取っておいて、正解でした。


c0017505_21221587.jpg
戻した大豆を茹で、親指と薬指で押して潰れるくらいの柔らかさになったら、茹で上がりです。

しっかり浸水させたお陰でしょうか、昨年は8時にスタートして13時半過ぎに茹で上がったのですが、今年は8時→11時半過ぎには茹で上がり、ずいぶん早かったように思いました。

フードプロセッサーで、どんどん潰します。
しっかり柔らかくなるまで茹でたお陰で、マッシュもスムーズでした。


c0017505_21425344.jpg
1升分の大豆を潰し終わったところ。
ここでお昼となり、一端休憩。
やれやれ。


c0017505_2134951.jpg
お昼を食べ終わり、作業再開。次は麹の準備です。

今年の米麹は、塩田商店さんで同時に購入した、乾燥タイプ。
昨年までは富沢商店などで"生タイプ"を購入していたので、どんな違いがあるのか、試してみました。


c0017505_21363389.jpg
サラサラとした生タイプと違い、乾燥タイプの米麹は固くしまっている感じ。
麹の香りが、生よりも若干強いように感じました。
というのも、塩きりをするために手でほぐした時、モウモウと白い粉(麹菌と思われる)が舞い、強烈な麹の香りが部屋に充満したのです・・・。
私も夫も、相当量の麹菌を吸い込んだと思われます。(体にいい効果があると信じたい・・・)

生タイプの方が手でほぐさずに使えるので、そちらのほうが若干使いやすいかも、と感じたのは、私だけかな・・・?
でも、生タイプの保管については、冷凍庫のスペースを確保しないといけません。
乾燥タイプは、2月なら日の当たらない室内に置いておけば全く問題ないので、気が楽でした。

どちらを使うかは、自分にとって使いやすいタイプのものを選ぶといいのかもしれません♪


c0017505_21405425.jpg
ほぐした米麹と塩をすり合わせて、塩きりをします。
(塩は、最後に味噌種の上に載せる分を少量取り分けておきます)

塩きりができたら、準備完了。
塩とあわせた途端に、麹の香りが落ち着きました。不思議!


c0017505_21471853.jpg
焼酎で拭いたビニール袋(漬物用、10リットルタイプ)の中に潰した大豆を全量入れます。
米麹を少しずつ入れ、混ぜていきます。


c0017505_21501828.jpg
手ですり合わせていきます。水分が足りないなと感じたので、大豆の茹で汁を少しずつ加えました。
しっとりとした"柔肌"みたいな感じになって、まとめられるくらいになればOK。


c0017505_21541558.jpg
味噌球を作っていきます。
うちの旦那さんは、雪が積もると未だに雪球を作って投げてくる少年なので(苦笑)、味噌球を作るのも楽しいみたい?!


c0017505_21565581.jpg
焼酎で拭いたプラ樽に、漬物用ビニール袋(樽に合わせて、20リットル用)をかぶせます。
念のため、袋の中も焼酎でさっと拭いて消毒。

味噌球を、空気が入らないように投げ入れていきます。


c0017505_215927100.jpg
全量投げ入れたら、さらに上から拳でギュウギュウ押してならし、空気を抜きます。


c0017505_221273.jpg
表面を手でならし、取り分けておいた塩をまきます。
縁の部分はカビやすいので、特に重点的に。

今年は、お味噌作りの先輩いらさんに、”酒かす”蓋のやり方を教えていただいていたので、そうしようと思っていました。
でも、板かすを買うのをすっかり忘れていた!ため、今年も塩蓋になりました・・・。

いらさん、せっかく酒かす蓋のことを丁寧に教えてくださったのにごめんなさい!来年リベンジしようと思います~。

表面にまんべんなく塩をしたら、焼酎を吹きます。
ビニール側面に飛び散った細かい味噌種はできるだけふき取り、側面もさっと焼酎で拭いておきます。
(昨年は、側面の細かい飛び散りにカビがついていたりしたので)

空気が入らないよう、味噌種の表面にラップをし、内蓋を載せ、漬物石を置きます。
外蓋をかぶせ、ホコリが入らないようにポリ袋で包んで紐で縛ったら、今年の仕込みもおしまい!

仕込みが終わると、ホッとします。
今年はどんな味の”手前味噌”になるでしょうか。ワクワク♪

【2011仕込メモ】
・大豆 1升(約2リットル)
・乾燥米麹 2kg
・塩 800g(塩蓋用に、あらかじめ50グラム分取り分け)

・大豆の茹で汁 適宜
・焼酎 適宜
・漬物用ビニール袋(10リットルサイズ1枚、20リットルサイズ1枚)



c0017505_232136.jpg
【追記】
大量に残った大豆の茹で汁は、野菜のトマトスープのだし汁代わりにしました。
ルクルーゼのココットロンド(20cm)で、たっぷり2回分。
野菜はたまねぎをよく炒め、にんにく、まいたけ、人参、キャベツ、セロリなど、冷蔵庫にあるものを。
にんにくときのこは入れたほうが、より旨みが強くなると思います。

1回分はツナ缶を加えたら、これもまた美味でした~♪
私は控えているので入れませんでしたが、少し生クリームを加えるとトマトクリームスープになり、
さらにまろやかな味になると思います。

茹で汁には大豆の甘みがかなり強く出ているので、トマトベースのスープのほうが、
酸味と溶け合って美味しくなるように思いました。
[PR]
by hamu_totoro | 2011-03-05 22:26 | 手作りのもの | Comments(4)
Commented by いたじゅ at 2011-03-06 03:11 x
味噌も自分で作るとは…!!

だんだん本職の農家になりつつあるのう(笑)
Commented by ira1027 at 2011-03-06 08:46
先輩だなんて~~(* v v)。 照れますわ~。
塩蓋&焼酎で完璧ですよ。
みやここうじってあの本(麹のレシピ)に載ってました。
ホント、生麹と、出来上がりがどう違ってくるか楽しみですね。
一生懸命手伝って下さって 優しそうな旦那様ですね♥
美味しいお味噌になりますように。
Commented by hamu_totoro at 2011-03-06 21:49
◆いたじゅさま

こんにゃく作りに比べたら、味噌はハードルが低いと思います(^_^;)
茹でて潰して混ぜるだけ。
とはいえ、その気になって「えいやっ!」とやらないとできないですよね。
農家に近づきつつあるのかもしれません(苦笑)

もし味噌作りの機会があったら、ぜひチャレンジされてください♪
男の人の力だと、マッシュも混ぜるのもかなりスピードアップするので
頼りにされると思います♪
Commented by hamu_totoro at 2011-03-06 21:55
◆いらさん

コメントありがとうございます!
私が実際にお味噌作りをしよう!と思ったのは、いらさんのブログを
拝見してからなので、私の中ではずっと先輩なのです♪
パン作りについては、憧れのままずっと棚上げしちゃってますが(苦笑)
ありがとうございます!
乾燥麹バージョンの出来上がり、気になるところです~★

麹のレシピ、その後図書館で借りて読みましたが、期限が来てしまい、
はむ夫も気に入ってくれたこともあって、いそいそと購入しました♪
いま読んでいるところです。
塩麹はぜひ作りたいと思い、先日、生麹を1キロ、
富沢商店で買ってきました。冷凍庫の中にしまってあります。
いらさんのレポートも、いつも楽しみにしています♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


パンやお菓子作り、畑仕事、陶芸、うたの楽しみを綴っています。作業療法士。たまにお仕事(精神障がいの方の支援)の話も。 ※日記に関係のないコメントやトラックバックは 削除させていただきます。


by hamu_totoro

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ

ブログパーツ

link

お気に入りブログ

日々是日記 - リターンズ -
montblanc / ...
ご飯と器
ほっとひと息
おとなは、だれも、はじめ...
Cafe Eight キ...
Cafe8センム日記
花屋&Cafeの話
土あそび
作陶日記 - つぐみ製陶...
happy days -...
ばーさんがじーさんに作る食卓
*花伝書*
ぱくぱくスタジオのパンダ日記
Kie*ものもの画帖
銀座 月光荘画材店
田中農園・ぺトラン 
The Lark Asc...
うつわやの、箸の上げ下げ
カオリラックスのリラック...
uto-uto to t...
代官山だより♪
お花いろいろ・レザンジュ...
ぴるりの気ままに日記
PURE CAFE
家事も仕事もぼちぼちと
Baking Diary
tsubomi.
K's Sweet Ki...
楽子の小さなことが楽しい毎日
Pure food li...
Psalm of The...
ばら屋さんのフラワーレシピ
hana* blog
My*Simple*Style
おうちを買おう
skippy's home
My slowlife ...
土遊布・どうゆうふう???
Eightablish
陶芸家・大江一人 『ロク...
代官山の手芸店 Merc...
おべんとう日記vol.2
いつか晴れた日に
ル・ポタジェ
Mis favoritos
カンタとハンナ
うつわノート
room 153+++
ユニオンスクエアの窯 ☆...
おかゆのきまぐれにっき
カエルのはんこ工房
Natural Life
natural life...
by the beach
vege dining ...
ブレーメン通信
ひろぽんのつぶやき
coupe-feti
JIM-NETニュース
O・ha・na・shi日...
YPSILONの台所 Ⅱ
えいえもん日記
新潟生活
粉もん☆マニア
Content S.K
糀 料 理 研 究 室 ...
アイシングクッキー&シュ...
召しませ!
『しかくいうつわ展』
ki-to-te直売所・...
おいしいおいしい うまいうまい
池田大介 器と余白

以前の記事

2016年 02月
2014年 10月
2014年 09月
more...

カテゴリ

はじめまして。
プロフィール
はむの日常
うた
手ごねパン
陶芸
手作りのもの
友部
築地・月島
作業療法
ハーブ園
忘れずにいたいこと

最新のトラックバック

料理写真教室☆大盛況!あ..
from お菓子教室&食育コミュニティ..
掲載、ありがとうございま..
from 「お散歩すとあ」店長のひとり..
写真展に行ってきました(..
from ● ほんとの「豊かな生活」を..
花緑「も」だいすきです
from 落語だいすき!
ホワイトデー
from hachilog2.0

検索

ライフログ


東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~


ベビーブック―もの、こと、おはなし


「たからもの」って何ですか


バッテリー


イントロデューシング


ブラバン!甲子園


京都のお酢屋のお酢レシピ (アスキームック)


赤毛のアンの手作り絵本〈2〉青春編

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

パン
料理・レシピ

画像一覧