我が家の栗の渋皮煮 2012

職場の方から、立派な栗をたくさんいただいたので、
一昨年失敗した栗の渋皮煮に、再チャレンジしました。
1キロのうち、なんとか半分ほどを渋皮煮にすることができました。
c0017505_18354787.jpg

栗の皮剥きが苦手な私。
渋皮に傷をつけないように剥くのが苦手なのです。
前回は傷をつけたまま渋抜きをしてしまい、渋皮の割れ目から
栗がドロドロと流れ出てしまった、にがーい思い出があります。

何かよい剥き方のコツはないものか、と調べていくと、
あるサイトに【栗のざらざらしている底面(座)を残して鬼皮だけ剥き、
茹でて渋抜きをすると、座も簡単に外せる】
というのを見つけて
これだ!と思い、やってみました。

鬼皮だけなら、7割くらいはなんとか剥くことができる。
戦いの後。
c0017505_18463175.jpg

渋皮を傷つけてしまった栗は全部剥いて、半分は冷凍、
半分は栗ごはんにしました。ほっくほく♪
c0017505_18475375.jpg

渋抜き1回目。ひたひたに水を入れ、重曹大さじ1を加えて煮ます。
灰汁がたくさん出てくるので、丁寧にとってゆきます。
c0017505_18503645.jpg

弱火で15分ほど煮てざるにあけ、水洗いします。
筋や座がやわらかく取れやすくなっているので、一つずつ取り除き、
水の中で指の腹で洗い、渋皮をとります。
c0017505_18532642.jpg

水洗いして、だいぶきれいになった栗たち。
c0017505_18554222.jpg

新しい水で、渋抜き2回目。重曹大さじ1を入れて15分ほど煮ます。
少し灰汁が少なくなってきました。丁寧にとります。
c0017505_18562041.jpg

ざるにあけ、水洗い。再度新しい重曹水に替え、渋抜き3回目。
しばらく煮ると灰汁が出てきますが、煮汁がだいぶ澄んできました。
c0017505_18593638.jpg

ざるにあけ、水洗いをして、今度は重曹抜き。
水のまま、2、3分茹でます。煮汁が綺麗に澄んできました。
c0017505_1915293.jpg

ざるにあけ、水洗い。皮がかなりやわらかく破れやすくなっていて、
ここで惜しくも破れてしまう栗が多発。(涙)

慎重に洗ってルクルーゼに移し替え、いよいよ味付け。
ひたひたの水を入れて煮て、沸騰しかけたらお砂糖を入れます。
よく見かけるレシピだと、1キロあたり800グラムくらいお砂糖を
入れるのですが、我が家の渋皮煮は優しい甘さにしたかったので、
500グラムにしました。
それでも小さなボウル一杯。ものすごい量。
保存性を高めるためとはいえ、市販の渋皮煮は言わずもがな・・・。

落し蓋をして15分ほど煮て火を止め、一晩味をなじませました。
c0017505_1944514.jpg

今回は溶けて流れ出た栗はわずかで、ホッとしました。
渋皮に傷をつけずに剥くって、本当に大事なんだなぁ。
丁寧に水洗いしないと皮が破れてしまうので、神経を使いますが
きれいに煮あがった姿を見ると、本当に嬉しい!

栗をくださった方々にも、ほんの少しですがおすそ分けもできました。
次回もまた、チャンスが巡ってきたらやってみようと思います。
それにしても、ほんと、鬼皮剥きが上手になりたいなぁ。練習あるのみ♪
[PR]
by hamu_totoro | 2012-10-05 19:17 | 手作りのもの | Comments(2)
Commented by さりー at 2012-10-13 13:45 x
初めまして。私も栗の渋皮煮に初チャレンジ中です。

栗の皮むきをしてる途中で、渋皮を傷つけないように上手く剥くに
は・・と思って検索してはむさんの記事を見つけお邪魔しました。
こんな方法があったとは!!
先にお邪魔してれば座を残して剥いたのに(ToT)

今、渋抜き一回目の途中です。
水洗いするときに渋皮を破らないよう、気をつけます♪
とっても参考になりました。ありがとうございます。
上手く出来ますように☆頑張ります!!
Commented by はむ at 2012-10-15 12:44 x
◆さりーさん

初めまして!コメントありがとうございました☆お返事が大変遅くなってすみません。
栗の渋皮煮、作業おつかれさまでした。皮むきをしていると、ほんの少しのことで傷がついてしまったり(私は特にうっかりものなので・・・T_T)、さりーさんも大変だったのではとお察しします。
さりーさんのブログに先ほどお邪魔しました。手作りのものがたくさんあって、とっても美味しそうです〜♪♪きっと渋皮煮も上手にできたのではないでしょうか(^^)

拙いブログですが、参考になったのでしたら嬉しいです!
コメント、本当にありがとうございました♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


パンやお菓子作り、畑仕事、陶芸、うたの楽しみを綴っています。作業療法士。たまにお仕事(精神障がいの方の支援)の話も。 ※日記に関係のないコメントやトラックバックは 削除させていただきます。


by hamu_totoro

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ

ブログパーツ

link

お気に入りブログ

日々是日記 - リターンズ -
montblanc / ...
ご飯と器
ほっとひと息
おとなは、だれも、はじめ...
Cafe Eight キ...
Cafe8センム日記
花屋&Cafeの話
土あそび
作陶日記 - つぐみ製陶...
happy days -...
ばーさんがじーさんに作る食卓
*花伝書*
ぱくぱくスタジオのパンダ日記
Kie*ものもの画帖
銀座 月光荘画材店
田中農園・ぺトラン 
The Lark Asc...
うつわやの、箸の上げ下げ
カオリラックスのリラック...
uto-uto to t...
代官山だより♪
お花いろいろ・レザンジュ...
ぴるりの気ままに日記
PURE CAFE
家事も仕事もぼちぼちと
Baking Diary
tsubomi.
K's Sweet Ki...
楽子の小さなことが楽しい毎日
Pure food li...
Psalm of The...
ばら屋さんのフラワーレシピ
hana* blog
My*Simple*Style
おうちを買おう
skippy's home
My slowlife ...
土遊布・どうゆうふう???
Eightablish
陶芸家・大江一人 『ロク...
代官山の手芸店 Merc...
おべんとう日記vol.2
いつか晴れた日に
ル・ポタジェ
Mis favoritos
カンタとハンナ
うつわノート
room 153+++
ユニオンスクエアの窯 ☆...
おかゆのきまぐれにっき
カエルのはんこ工房
Natural Life
natural life...
by the beach
vege dining ...
ブレーメン通信
ひろぽんのつぶやき
coupe-feti
JIM-NETニュース
O・ha・na・shi日...
YPSILONの台所 Ⅱ
えいえもん日記
新潟生活
粉もん☆マニア
Content S.K
糀 料 理 研 究 室 ...
アイシングクッキー&シュ...
召しませ!
『しかくいうつわ展』
ki-to-te直売所・...
おいしいおいしい うまいうまい
池田大介 器と余白

以前の記事

2016年 02月
2014年 10月
2014年 09月
more...

カテゴリ

はじめまして。
プロフィール
はむの日常
うた
手ごねパン
陶芸
手作りのもの
友部
築地・月島
作業療法
ハーブ園
忘れずにいたいこと

最新のトラックバック

料理写真教室☆大盛況!あ..
from お菓子教室&食育コミュニティ..
掲載、ありがとうございま..
from 「お散歩すとあ」店長のひとり..
写真展に行ってきました(..
from ● ほんとの「豊かな生活」を..
花緑「も」だいすきです
from 落語だいすき!
ホワイトデー
from hachilog2.0

検索

ライフログ


東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~


ベビーブック―もの、こと、おはなし


「たからもの」って何ですか


バッテリー


イントロデューシング


ブラバン!甲子園


京都のお酢屋のお酢レシピ (アスキームック)


赤毛のアンの手作り絵本〈2〉青春編

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

パン
料理・レシピ

画像一覧