志野の急須

以前はガラスの急須を使っていたのですが、
壊れてしまったので、陶芸教室で作ってみました。

c0017505_14361545.jpg
使用土:赤土
釉薬:志野(ムラ掛け)
    弁柄(下地)
焼成法:還元

弁柄という鉄分の多い薬を、
素焼きの生地にざっと塗り、
その上に白っぽい釉薬の志野を
ムラになるように掛けました。



c0017505_1451160.jpg
蓋を開けると、こんな感じです。
茶漉しは、駅前のお茶屋さんで74ミリ径のものを購入しました。
ぴったり合うのがあってよかった。
茶漉しって、わりと多彩なサイズがあるのですね。


c0017505_15114761.jpg
先日焼きあがった、粉引きのフリーカップと一緒に緑茶を頂きました。
やっぱり緑茶は、急須で入れるのが一番♪

急須作りは本体・持ち手・注ぎ口・蓋と作るパーツが沢山あるので、手間がかかるのですが、
忘れないうちにもう一個くらい作ろうと思います★


次回は、持ち手と注ぎ口の比率をもう少し考えよう・・・。
今回はちょっと注ぎ口が細すぎました(^▽^;)
[PR]
by hamu_totoro | 2008-02-08 15:20 | 陶芸 | Comments(14)
Commented by kazbizen at 2008-02-08 20:31
志野もこうしてムラにしますとまた斬新で今っぽい感じになりますね!
そして持ち手の部分と注ぎ口の部分ほんと神経使うんですよね~!
デザインバランスと持ちやすさと置いた時の安定感!
けっこう難しいですよね~!
Commented by hamu_totoro at 2008-02-09 19:21 x
■kazbizenさん

ほんと、そうですね!もち手の部分と注ぎ口の部分、難しいです。
今回は持ちやすさはOKだったのですが、口が小さいし、下につけすぎて
お湯を入れたときに口からあふれやすいことが判明しました(汗)
まだまだ、これからですね~。
懲りずにまた作ってみようと思います♪

ムラがけは、わりといい感じに出ました♪
これでおそろいのお湯のみとか、作ってみようかな~。
Commented by かおりん at 2008-02-09 22:08 x
綺麗に焼き上がってるね。
それも急須を作るなんてスゴイ!
私は作ったこと無いです。だって大変だから。
←スゴイ理由でしょ♪♪

こないだ私も志野を初めて使いました。
真っ白なヘキサゴンができあがって
満足です。
Commented by さこち at 2008-02-10 00:20 x
美しいねー。
いったいどういう手順で成形するのでしょうか。
ろくろは使えないよねぇ。
お茶碗の何倍もの技術がいりそう。ほんと美しいなぁ。

Commented by やんまぁ at 2008-02-10 22:24 x
急須は難易度が高そうだなぁ。
うまく出来上がってよかったですね~。
Commented by suigyoku at 2008-02-11 11:47
急須って難しくないの?すごいね~
こんなものまで作れるようになってるとはビックリです!
今日から、思い立ってBLOGを再開する事にしました。
新年明けてすぐでないのがなんだけど。
思い立ったが吉日って言うしね(笑)
そんなわけでまたよろしくお願いします。
Commented by hamu_totoro at 2008-02-12 13:50
◆かおりん

急須、初めてチャレンジしてみたよー!
っていっても、茶漉しの受けとか、注ぎ口とか、持ち手とか
ほとんどはI先生とA先生の合作のようなものだよ(汗)

>だって大変だから。←スゴイ理由でしょ♪♪

今回作ってみて実感いたしました(汗)
でも、工作みたいで面白かったんだよ~。

ヘキサゴン、志野だったんだね!実際見てみたいなー。
お疲れさま★★★
Commented by hamu_totoro at 2008-02-12 13:58
◆さこち

ありがとー★
電動ロクロは私は使えないから、手で回す普通のろくろを使ってるよ。
成型のときもだけど、例えば削るときに、ロクロにのせて
回しながら削らないと、均一な厚みに削ることができないからね。

手順は大まかに言うと、
1)本体を作る(紐をつんでカタチを整えて、茶漉し受けを内側に作る)
2)蓋を作る(小さい小皿みたいなのを作る)
3)注ぎ口を作る(一輪挿しの要領)
4)持ち手を作る(同上)
5)本体の余計な部分を削ってカタチを整える
6)蓋の余分な部分を削って整え、取っ手をつける
7)注ぎ口の余分な部分を切り取り、本体に穴をあけて取り付ける
8)持ち手の長さを決めて切り取り、本体に取り付ける
・・・という流れです。
パーツが沢山あるから、成形もややこしいよね。
市販で手作り急須がとても高い値段で売られているのがありますが、
それも納得かもなー、と、成型中に痛感しました(汗)
Commented by hamu_totoro at 2008-02-12 14:00
◆やんまぁ

コメントありがとう★
そうねー。急須はこれまで作った中で一番めんどくさかった(汗)
(↑のコメントに成型の過程を書いてみたよ)
だけど、パーツを一つ一つつけていく感覚は、ガンプラみたいな感じ?(笑)
なかなか面白かったよ~。
Commented by hamu_totoro at 2008-02-12 14:05
◆suigyokuさま

久しぶり!
そうだね、急須はパーツが多いから、成型過程はややこしくて、
ほとんど先生に手伝ってもらってるようなものでした(汗)
でも、陶芸を始めて一年少し過ぎ、基本は少しずつ身につけつつ、
少し応用編もしてみたい!と、欲がでてきたよ~。

そういえば、伊勢丹で見た、お母様お気に入りの急須、美しかったね!!

それから、BLOG再開おめでとうございます。
こちらこそ、またよろしくお願いしますね~。
ではでは、また後ほど★
Commented by RYO at 2008-02-12 18:29 x
すごい、作品いつも素敵です。
私に陶芸の知識があれば、もっと面白く読めて面白いコメントをかけるのに~、と若干悔しく思いつつ…(笑)
陶芸は絶対チャレンジしてみたい趣味のひとつです。
Commented by miri45 at 2008-02-13 01:39
すご~~いですね~
ロクロで急須<私も頑張って早く挽けるようになろう~~~と!
志野の釉薬がいいですね~♪
安定感のある感じで・・・入れたお茶もより美味しく感じられたりして~~

Commented by hamu_totoro at 2008-02-13 13:06 x
◆RYOさん

ありがとうございますー♪
RYOさんは手先がとても器用だし、落ち着かれたらぜひぜひ、
陶芸チャレンジされてください~★
素敵なセンスを生かして、きっときっと、素敵な作品作られるだろうな~★
Commented by hamu_totoro at 2008-02-13 13:11 x
◆miriさん

ありがとうございます★
私は電動ロクロが挽けないので、手ろくろで試行錯誤でしたよ~(^▽^;)
私もmiriさんみたいに、電動ロクロが挽けるようになりたいです。
ふうせん挽きの手前で、茶漉しの受け口をつくれば、急須の本体に
なるみたいです。
志野のムラ掛け、私も気に入っています★

ちなみに、注ぎ口が小さくて、お茶を入れるときには、
まるで「ししおどし」のようなチョロチョロ具合の音がするので、
少し恥ずかしいのですが、緑茶は少しずつ注げるくらいでいいのかな。
チョロチョロもまた、一興なのかもしれません・・・★
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


パンやお菓子作り、畑仕事、陶芸、うたの楽しみを綴っています。作業療法士。たまにお仕事(精神障がいの方の支援)の話も。 ※日記に関係のないコメントやトラックバックは 削除させていただきます。


by hamu_totoro

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ

ブログパーツ

link

お気に入りブログ

日々是日記 - リターンズ -
montblanc / ...
ご飯と器
おとなは、だれも、はじめ...
Cafe Eight キ...
Cafe8センム日記
花屋&Cafeの話
土あそび
作陶日記 - つぐみ製陶...
happy days -...
ばーさんがじーさんに作る食卓
*花伝書*
ぱくぱくスタジオのパンダ日記
Kie*ものもの画帖
銀座 月光荘画材店
田中農園・ぺトラン 
The Lark Asc...
うつわやの、箸の上げ下げ
カオリラックスのリラック...
uto-uto to t...
代官山だより♪
お花いろいろ・レザンジュ...
ぴるりの気ままに日記
PURE CAFE
家事も仕事もぼちぼちと
Baking Diary
tsubomi.
K's Sweet Ki...
楽子の小さなことが楽しい毎日
Pure food li...
Psalm of The...
ばら屋さんのフラワーレシピ
hana* blog
My*Simple*Style
おうちを買おう
skippy's home
My slowlife ...
土遊布・どうゆうふう???
Eightablish
陶芸家・大江一人 『ロク...
代官山の手芸店 Merc...
おべんとう日記vol.2
いつか晴れた日に
ル・ポタジェ
Mis favoritos
カンタとハンナ
うつわノート
room 153+++
ユニオンスクエアの窯 ☆...
おかゆのきまぐれにっき
カエルのはんこ工房
Natural Life
natural life...
by the beach
vege dining ...
ブレーメン通信
ひろぽんのつぶやき
coupe-feti
JIM-NETニュース
O・ha・na・shi日...
YPSILONの台所 Ⅱ
えいえもん日記
新潟生活
粉もん☆マニア
Content S.K
糀 料 理 研 究 室 ...
アイシングクッキー&シュ...
召しませ!
『しかくいうつわ展』
ki-to-te・店番の日々。
おいしいおいしい うまいうまい
池田大介 器と余白

以前の記事

2016年 02月
2014年 10月
2014年 09月
more...

カテゴリ

はじめまして。
プロフィール
はむの日常
うた
手ごねパン
陶芸
手作りのもの
友部
築地・月島
作業療法
ハーブ園
忘れずにいたいこと

最新のトラックバック

料理写真教室☆大盛況!あ..
from お菓子教室&食育コミュニティ..
掲載、ありがとうございま..
from 「お散歩すとあ」店長のひとり..
写真展に行ってきました(..
from ● ほんとの「豊かな生活」を..
花緑「も」だいすきです
from 落語だいすき!
ホワイトデー
from hachilog2.0

検索

ライフログ


東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~


ベビーブック―もの、こと、おはなし


「たからもの」って何ですか


バッテリー


イントロデューシング


ブラバン!甲子園


京都のお酢屋のお酢レシピ (アスキームック)


赤毛のアンの手作り絵本〈2〉青春編

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

パン
料理・レシピ

画像一覧