カテゴリ:手作りのもの( 61 )

くるみとクランベリーのスコーン

1月下旬、なかしましほさんのレシピのアレンジ。
c0017505_1559179.jpg

[PR]
by hamu_totoro | 2013-02-18 16:00 | 手作りのもの | Comments(0)

アップルクーヘン

アップルクーヘンを習いました。
c0017505_16502100.jpg

はい、丸い時に写真を撮り忘れました↑
先生のブログからお借りした写真がこちら。
c0017505_16533196.jpg

ドーナツシュガーというものがあるのを、
今回初めて知りました。
お砂糖もいろいろあるのね。

先生お手製ランチ。トマトチーズパン、美味。
c0017505_16545230.jpg

デザートはグレープフルーツのジュレ、すばらしく美味。
c0017505_16554717.jpg

紅玉が出回っているうちに、復習したいなぁ。
[PR]
by hamu_totoro | 2013-02-05 16:45 | 手作りのもの | Comments(0)

フロランタン

年明け早々、お菓子教室で”フロランタン”を習ってきました。
タルト生地の上に、キャラメリゼしたスライスアーモンドが
たっぷり載っています。
c0017505_12262779.jpg

これまで、自分で本を見ながら作った時のタルト生地は
固くてぼそぼそしていたのですが、今回のは雲泥の差!
香ばしくて、さくさくした軽い口当たり。
タルト生地をまとめる扱い方や、型への敷きこみ方など、
本には書いていないポイントをいくつも教えて頂けて、
目からウロコが落ちました。習いに行けて良かった。

また、すぐ焦がしてしまって苦手なキャラメリゼのポイントも
教えてもらいました。
タルト生地の作り方も含め、長年の疑問が払しょくされてすっきり!

先生お手製の美味しいランチ。トマトクリームシチューと、
グレープフルーツとかぶをマリネしたサラダ、そして
写真には写っていませんが、手ごねのパン・ド・ミ。
どれも素晴らしく美味しい。憧れます。
c0017505_12225012.jpg

さらには、新年の代表的なお菓子「ガレット・デ・ロワ」も戴けて、
何ともありがたい年明けとなりました。
c0017505_12234780.jpg

切り分けた中に、フェーブ(陶器の人形)が入っていたらラッキー!
c0017505_12242110.jpg

新年早々、幸せな時間を過ごさせていただけたことに感謝します。
どうもありがとうございました!

*先生のブログで当日の様子を併せてどうぞ!
http://blog.livedoor.jp/koaji1117/archives/4332286.html
[PR]
by hamu_totoro | 2013-01-09 12:32 | 手作りのもの | Comments(2)

【友部】バジルソース(サルサ・ヴェルデ)

そういえば、バジルソースを作ったことを書いていませんでした。
友部の畑では、トマトの間にcompanion plantingのバジルを植えて
虫よけにしていたのですが、晩夏になってトマトが枯れてからも、
バジルは元気そのもの。
霜が降りるのが遅かったからでしょうか、10月終わりになっても
わっさわっさと葉を茂らせていたので、たくさん収穫させてもらいました。
フェンネルやザクロの実も、戴いてきたもの♪
c0017505_18524385.jpg

ケンタロウさんのレシピを参考に、パルメザンチーズと、
アメリカから一時帰国している友人からお土産に戴いた松の実を
たっぷり入れて、バジルソース(サルサ・ヴェルデ)を作りました。
c0017505_18515491.jpg

このソース、茹でたてのパスタやジャガイモに絡めてもおいしいですし、
鶏もも肉をじっくり焼いてから、仕上げに絡めてもおいしいです。
友部の畑で収穫した、赤ピーマンと一緒にソテーしました。
c0017505_18553654.jpg

きっと白ワインのほうが合いますが、たまたま赤ワインがあったので
一緒に。美味しく戴けました♪
ベーグルに生ハムとサンドしてもgood。よいソースです。

参考にしたのは『暮しの手帖別冊 自家製レシピ 秋冬編』です。

暮しの手帖別冊 自家製レシピ 秋冬編

暮しの手帖社


ケンタロウさんは事故に遭われ、現在も療養中との補足がありました。
ファンの一人として、ご快復を心から祈っています。
[PR]
by hamu_totoro | 2012-11-24 18:45 | 手作りのもの | Comments(2)

ハッピーハロウィン♪かぼちゃのタルト

今日は、パン教室の仲間が集まって手作り会をする日。
ハロウィン当日ということで、かぼちゃのタルトを焼いて差し入れました。
c0017505_17191421.jpg

レシピは、小学生時代からの愛読書、「赤毛のアンの手作り絵本」から。

赤毛のアンの手作り絵本〈2〉青春編

白泉社書籍編集部 / 白泉社

小学生時代からの愛読書。この3冊だけは手放せない。

スコア:



冷凍パイシートの買い置きがなかったので、タルト生地から作りました。
生地の量と伸しをうまく調節できたようで、端の波型がちゃんと出た。
こんな風に綺麗にナミナミが出たのは生まれて初めて。嬉しい!

蒸しかぼちゃの裏ごしに少々手間がかかりますが、
口当たりはとてもなめらかになります♪
タルト生地が余ったのでお顔のパーツを切り出し、なんとなくですが
ジャックランタン風にしてみました。

ちなみに、レシピでは「かぼちゃ 正味600~700グラム」とあったので
皮と種を除いてそれだけ用意したのですが、作ってみてから思い出した。
これ、皮と種を除く前のグラム数だったわ・・・。
久しぶりすぎて忘れてた。
(本に書き込んである前回の記録は1993年10月、なんと高校1年次!)

というわけで、かぼちゃのピュレが大量に余ったのと、
余ったタルト生地を使って、旦那さん用にも焼きました。
ジャックランタンというより、りんごみたいになってしまった(汗)
c0017505_18213470.jpg


それでは皆様、楽しいハロウィンの夜をお過ごしください♪
ハッピーハロウィン!
[PR]
by hamu_totoro | 2012-10-31 18:27 | 手作りのもの | Comments(0)

我が家の栗の渋皮煮 2012

職場の方から、立派な栗をたくさんいただいたので、
一昨年失敗した栗の渋皮煮に、再チャレンジしました。
1キロのうち、なんとか半分ほどを渋皮煮にすることができました。
c0017505_18354787.jpg

栗の皮剥きが苦手な私。
渋皮に傷をつけないように剥くのが苦手なのです。
前回は傷をつけたまま渋抜きをしてしまい、渋皮の割れ目から
栗がドロドロと流れ出てしまった、にがーい思い出があります。

何かよい剥き方のコツはないものか、と調べていくと、
あるサイトに【栗のざらざらしている底面(座)を残して鬼皮だけ剥き、
茹でて渋抜きをすると、座も簡単に外せる】
というのを見つけて
これだ!と思い、やってみました。

鬼皮だけなら、7割くらいはなんとか剥くことができる。
戦いの後。
c0017505_18463175.jpg

渋皮を傷つけてしまった栗は全部剥いて、半分は冷凍、
半分は栗ごはんにしました。ほっくほく♪
c0017505_18475375.jpg

渋抜き1回目。ひたひたに水を入れ、重曹大さじ1を加えて煮ます。
灰汁がたくさん出てくるので、丁寧にとってゆきます。
c0017505_18503645.jpg

弱火で15分ほど煮てざるにあけ、水洗いします。
筋や座がやわらかく取れやすくなっているので、一つずつ取り除き、
水の中で指の腹で洗い、渋皮をとります。
c0017505_18532642.jpg

水洗いして、だいぶきれいになった栗たち。
c0017505_18554222.jpg

新しい水で、渋抜き2回目。重曹大さじ1を入れて15分ほど煮ます。
少し灰汁が少なくなってきました。丁寧にとります。
c0017505_18562041.jpg

ざるにあけ、水洗い。再度新しい重曹水に替え、渋抜き3回目。
しばらく煮ると灰汁が出てきますが、煮汁がだいぶ澄んできました。
c0017505_18593638.jpg

ざるにあけ、水洗いをして、今度は重曹抜き。
水のまま、2、3分茹でます。煮汁が綺麗に澄んできました。
c0017505_1915293.jpg

ざるにあけ、水洗い。皮がかなりやわらかく破れやすくなっていて、
ここで惜しくも破れてしまう栗が多発。(涙)

慎重に洗ってルクルーゼに移し替え、いよいよ味付け。
ひたひたの水を入れて煮て、沸騰しかけたらお砂糖を入れます。
よく見かけるレシピだと、1キロあたり800グラムくらいお砂糖を
入れるのですが、我が家の渋皮煮は優しい甘さにしたかったので、
500グラムにしました。
それでも小さなボウル一杯。ものすごい量。
保存性を高めるためとはいえ、市販の渋皮煮は言わずもがな・・・。

落し蓋をして15分ほど煮て火を止め、一晩味をなじませました。
c0017505_1944514.jpg

今回は溶けて流れ出た栗はわずかで、ホッとしました。
渋皮に傷をつけずに剥くって、本当に大事なんだなぁ。
丁寧に水洗いしないと皮が破れてしまうので、神経を使いますが
きれいに煮あがった姿を見ると、本当に嬉しい!

栗をくださった方々にも、ほんの少しですがおすそ分けもできました。
次回もまた、チャンスが巡ってきたらやってみようと思います。
それにしても、ほんと、鬼皮剥きが上手になりたいなぁ。練習あるのみ♪
[PR]
by hamu_totoro | 2012-10-05 19:17 | 手作りのもの | Comments(2)

ババロア キウイソース添え(復習)

本日の家庭教師先への差し入れは、ババロアにしました。
先日コビトヤさんで習ったものの復習を兼ねて。
c0017505_12224224.jpg

ババロア生地を煮詰めている間が、一番緊張しました・・・。
この時に卵が煮えてしまうと、確実に失敗してしまうので(体験済み)。

今回は無事、うまく煮詰めてなめらかな生地ができました。ホッ。
c0017505_12302377.jpg

シロップとキウイを混ぜ合わせるだけの、かんたんキウイソース。
旦那さんのヨーグルトに添えてもいいように、倍量作ってみました。
洋酒の香りがほんのり薫る、甘酸っぱいソース♪
c0017505_12323599.jpg

子供たちが食べるので、ラム酒はかなり控えめに入れました。
気に入ってもらえますように・・・。
c0017505_12332185.jpg

[PR]
by hamu_totoro | 2012-10-03 12:37 | 手作りのもの | Comments(0)

ルバーブパイ

先日、友部に行って畑の作業をしてきました。
まだまだ残暑厳しい折ですが、秋播きの準備をしなくてはなりません。
畑にはびこった草を刈り、知り合いの方から戴いた牛糞を混ぜると、
ふかふかの畑になりました。
作業後は、水をかぶったように汗をかいて・・・
夕食を作ったあとの生ビール、めっちゃ美味しかった!
(プラマイゼロですね^^;)

さて、そんな友部の畑にあるルバーブ。
暑さにやられてだいぶ枯れていたので、枯れた下葉を取り除いて
風通し良くしてやりました。
少し収穫もできたので、帰宅してからルバーブのパイを作りました。
c0017505_98513.jpg

冷凍庫にあったパイシートを使ったので、手軽なのです。
空焼きしたパイ台にジャムを乗せ、アーモンドクリームと
くるみを乗せて焼きこみました。
c0017505_910268.jpg

アーモンドクリームのおかげで、甘酸っぱいルバーブが
きりっとひきたつ感じ。
家庭教師先に差し入れしました。
子供たちに喜んでもらえて、良かった~♪

ルバーブの旬は9月~10月ごろなので、稲刈りや脱穀の後に
お世話して、また少しおすそ分けしてもらおうと思います♪
ごちそうさまでした!
[PR]
by hamu_totoro | 2012-09-11 09:13 | 手作りのもの | Comments(0)

初めてのお菓子教室♪ ババロア キウイソース添え

パン教室の先生からご紹介して戴いた、お菓子教室 コビトヤさん。
なかなか予約が取れなかったのですが、真夏に1席だけ空席を発見!
先日、初めてお伺いすることができました。

毎日本当に暑いので、冷たいお菓子をいただきたくなり、
キウイソースを添えたババロアを習ってきました。
c0017505_1557861.jpg

私は焼き菓子はちょこちょこ焼くけれど、冷え性だったので
冷たいお菓子はほとんど作ったことがありません。

板ゼラチンの扱い方やババロア液の作り方など、
こういう風に作るんだ!と、目からウロコなことばかり
教えていただきました。

特に、ババロア液を火にかけている間は目を離してはなりません。
指をちょんと入れて液の温度を確かめたり、
牛乳の温まり具合を鍋の状態で見極めたり。
お菓子を作ることで、新鮮なワクワクを感じたのは久しぶり!

レッスンの合間は、コビトヤさんのお兄ちゃんと人形を使ってごっこ遊び。
プラレールとミニカーが大好きなのは、甥っ子たちとおんなじです。
自動車修理工場ごっこと病院ごっこがヒットしたみたいで、
大笑いしてくれました。Rくん、遊んでくれてありがとう!

レッスンの後、先生手作りのランチをいただきました。
c0017505_1661448.jpg

c0017505_1683472.jpg

彩りよく、どれもほっこりと優しい味わいを感じるメニュー。
特に全粒粉メープルパンがふわふわで、とても美味しかったです!

テーブルセッティングもお部屋もとても美しくて、ビックリ。
乳飲み子の弟君と、元気なお兄ちゃんを抱えていらっしゃるとは
とても思えない空間。先生、素敵すぎます・・・!
さらにはキュートな文鳥くん、オカメインコくん、熱帯魚まで
毎日お世話していらっしゃる。
世の中にはすごい人がいるんだなぁ、と、目を開かれる思いがしました。

デザートの自家製チーズケーキも、さっぱり&まろやかな美味しさ!
c0017505_16112677.jpg

ラズベリーソースを添えると、酸味がまた旨し★★★

レッスン中メモを取れなかったので、自宅に帰ってきてからガーッとメモ。
すぐに妹一家におすそわけに行きました。
みんな「わっ、美味しい!」と歓声を上げていました。
また作ってね、ですって!忘れないうちに復習しなくちゃね。

夜遅くに帰宅した主人も「おっ、美味しいね!」と。素晴らしい☆☆☆
c0017505_1623227.jpg

コビトヤさま、お陰様でとても楽しく、美味しい時間を過ごすことができました。
ぜひぜひ、また教えてください。予約の取れる日を心待ちにしています。
ありがとうございました!

先生のブログも併せてご覧ください★
=>お菓子教室 コビトヤ 8/27の風景
[PR]
by hamu_totoro | 2012-08-28 16:35 | 手作りのもの | Comments(4)

はちみつ梅干し 完成

土用干しを終えたはちみつ梅を、瓶に戻し入れる作業をしました。
c0017505_10483382.jpg

この辺りは、空気がきれいとはお世辞にも言えない場所なので、
干している間に表面についた(ような気がする)ホコリなどを
落とす意味も込めて、梅酢にしっかりくぐらせてから瓶に戻し入れました。
c0017505_10504376.jpg

ボウルの梅酢は捨て、取り分けておいた梅酢を少しだけ戻し入れます。
鮮やかな赤色。自然の生み出す色って、本当にきれい。
残った梅酢は瓶に入れて、お料理などに使います♪
c0017505_10513039.jpg

はちみつ梅干し2キロ分、完成しました!
干したためかさが減り、「たったこれだけ?」と言われてしまいそう(苦笑)。
c0017505_10541770.jpg

毎年、祖母宅ではこの4Lサイズの保存瓶を、何本もいっぱいにして梅干しを作ります。
自分で作ってみて、改めて、手間ひまをかけて作ってもらっていることを感じました。

いつも叔父と叔母にもらってばかりですが、
初めて作った我が家のはちみつ梅、味見してもらいに行ってきます♪

サト先生や、梅漬け会に参加された皆様のおかげで、
初めての梅干し、無事に完成ました。
どうもありがとうございました!
[PR]
by hamu_totoro | 2012-08-04 11:01 | 手作りのもの | Comments(2)


パンやお菓子作り、畑仕事、陶芸、うたの楽しみを綴っています。作業療法士。たまにお仕事(精神障がいの方の支援)の話も。 ※日記に関係のないコメントやトラックバックは 削除させていただきます。


by hamu_totoro

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ

ブログパーツ

link

お気に入りブログ

日々是日記 - リターンズ -
montblanc / ...
ご飯と器
ほっとひと息
おとなは、だれも、はじめ...
Cafe Eight キ...
Cafe8センム日記
花屋&Cafeの話
土あそび
作陶日記 - つぐみ製陶...
happy days -...
ばーさんがじーさんに作る食卓
*花伝書*
ぱくぱくスタジオのパンダ日記
Kie*ものもの画帖
銀座 月光荘画材店
田中農園・ぺトラン 
The Lark Asc...
うつわやの、箸の上げ下げ
カオリラックスのリラック...
uto-uto to t...
代官山だより♪
お花いろいろ・レザンジュ...
ぴるりの気ままに日記
PURE CAFE
家事も仕事もぼちぼちと
Baking Diary
tsubomi.
K's Sweet Ki...
楽子の小さなことが楽しい毎日
Pure food li...
Psalm of The...
ばら屋さんのフラワーレシピ
hana* blog
My*Simple*Style
おうちを買おう
skippy's home
My slowlife ...
土遊布・どうゆうふう???
Eightablish
陶芸家・大江一人 『ロク...
代官山の手芸店 Merc...
おべんとう日記vol.2
いつか晴れた日に
ル・ポタジェ
Mis favoritos
カンタとハンナ
うつわノート
room 153+++
ユニオンスクエアの窯 ☆...
おかゆのきまぐれにっき
カエルのはんこ工房
Natural Life
natural life...
by the beach
vege dining ...
ブレーメン通信
ひろぽんのつぶやき
coupe-feti
JIM-NETニュース
O・ha・na・shi日...
YPSILONの台所 Ⅱ
えいえもん日記
新潟生活
粉もん☆マニア
Content S.K
糀 料 理 研 究 室 ...
アイシングクッキー&シュ...
召しませ!
『しかくいうつわ展』
ki-to-te直売所・...
おいしいおいしい うまいうまい
池田大介 器と余白

以前の記事

2016年 02月
2014年 10月
2014年 09月
more...

カテゴリ

はじめまして。
プロフィール
はむの日常
うた
手ごねパン
陶芸
手作りのもの
友部
築地・月島
作業療法
ハーブ園
忘れずにいたいこと

最新のトラックバック

料理写真教室☆大盛況!あ..
from お菓子教室&食育コミュニティ..
掲載、ありがとうございま..
from 「お散歩すとあ」店長のひとり..
写真展に行ってきました(..
from ● ほんとの「豊かな生活」を..
花緑「も」だいすきです
from 落語だいすき!
ホワイトデー
from hachilog2.0

検索

ライフログ


東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~


ベビーブック―もの、こと、おはなし


「たからもの」って何ですか


バッテリー


イントロデューシング


ブラバン!甲子園


京都のお酢屋のお酢レシピ (アスキームック)


赤毛のアンの手作り絵本〈2〉青春編

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

パン
料理・レシピ

画像一覧