カテゴリ:忘れずにいたいこと( 58 )

臨月に入りました&秋の恵み

長かったような、あっという間だったような。
先日、臨月に入りました。
お腹の赤ちゃんは推定2600g近くなり、元気いっぱい。
お腹を蹴り上げられて呻くこともあるくらい。
妊娠前から毎日欠かさず飲んできたバイアスピリンも終わり、不育クリニックも卒業となりました。
出産するその日まで、体調を整える日々です。

疲れると休むようにしていますが、あまり大事にしすぎもいけないらしく。
少しずつですが、床の雑巾がけを始めました。続けるのが大事なので、本当に少しずつです。
過ごしやすい季節になったとはいえ、玉のように汗をかくので、ムリし過ぎないようにしています。

高校時代からの大切な友人が、信州は上田のぶどうを送ってくれました。
大きくなった赤ちゃんに圧迫されて、再びつわりのような状態になっている今の私の胃には、最高のプレゼント!
秋の実りの恵みを、毎日美味しく頂いています。ありがとう‼︎

ぶどうとシャインマスカットを真心込めて育てて下さったのは、上田市にある関田農園さん。
ご主人と奥様が仲睦まじく写った写真の入った、心温まるメッセージカード入り。
ほっこり(*^_^*)
c0017505_20475520.jpg


関田農園
長野県上田市古安曽3924
0268-38-4635

[PR]
by hamu_totoro | 2014-09-18 20:01 | 忘れずにいたいこと | Comments(2)

破壊と、それから。

日常に、当たり前に傍にあったものたちが、がれきになる。
津波のように突然の災害ではなく、自分たちの選択でそうしたのだけど、
幼いころからの想い出深い景色が重機でえぐられ、
どんどんがれきになって運び出されてゆくのは、胸が詰まります。
新しい世界を得るために、大切なものを手放す必要があるとは
分かっているのだけど、想いが目からあふれてしまうのです。

想い出深い大黒柱と床柱、欄間は新たに命を吹き込む予定です。
どうか最後まで、私たちを見守ってくれますように。
[PR]
by hamu_totoro | 2013-12-04 23:23 | 忘れずにいたいこと | Comments(0)

祖母の家を片付ける

グループホームに入居中の、祖母の家の片づけを手伝う日々です。
同居していた伯母が疲れ果て、気が短くなるのも分かる気がするほど、
出てくる出てくる、今となってはもう使えないモノたち。
着物や食器、大量の布類・・・大切にしまっておいた祖母の気持ちも
分かるけれど、こんなにしまっておかないで、
使ってくれれば良かったのになぁ・・・と思うほど、モノが出てくる。

でも、認知症の初期症状には、モノが捨てられなくなるというのも
あるそうなので、もしかしたらそのせいだったのかもしれません。

私の実親がため込んでいるモノの量を考えると、
きっと、今の伯父と伯母の姿は何年後かの私たち。
本当にぞっとします。
今回のことで、伯父と伯母の荷物はだいぶ減ったはずだけど、
実父は、自分の小学校の通知表とかいまだに捨ててないって自慢しているし、
実母は片づけが本当に苦手。
恐ろしい・・・。

伯父と伯母は、毎日毎日、分解したり分類したり、めげずに処分を頑張っています。
私たちも、伯父と伯母のようになれるかしら・・・。

せめて自分たちの荷物は、今から極力減らそうと肝に銘じた、秋の夜。

この本、読んでみたいなぁと思いました↓

親の家を片づける―ある日突然、膨大な老親の荷物や家の整理と処分が、あなたの身に降りかかってきたら、どうしますか? (ゆうゆう特別編集)

主婦の友社


[PR]
by hamu_totoro | 2013-09-28 21:11 | 忘れずにいたいこと | Comments(2)

飯尾醸造さんその後:愛子おばあちゃんの万願寺とうがらし

夏休みのお酢蔵見学から、はや一か月。
お酢蔵から戴いてきた紅芋酢を、毎朝大さじ一杯、炭酸水で薄めて
二人そろって飲み続けています。
もともと寝起きの悪い私ですが、心なしか、目覚めが良くなってきた気がします。
お腹周りがすっきりするまで続けてみよう~w

そんなわけで、あっという間に少なくなった紅芋酢を追加注文しました。
注文のさい、飯尾さんのお祖母様が畑で育てられている
京野菜の「万願寺とうがらし」プレゼント企画が開催されていたので、
一緒に応募させていただくことに。

わくわくしながら届いた箱を開けたら、紅芋酢に添えて、
瑞々しい万願寺とうがらしがどっさり入っていました♪♪
c0017505_1527320.jpg

お酢料理「万願寺とうがらしの炊いたん」のレシピも添えられていたので、
早速作ってみました。

ル・クルーゼの20センチお鍋いっぱいに入った万願寺とうがらしを
強めの火で水分を飛ばしてゆきます。
c0017505_15312064.jpg

しんなりしてきたら富士酢と調味料を加え、くたくたになるまでじっくり炊きあげました。
大江一人さんの備前焼に載せていただきました。
c0017505_15362086.jpg

甘長とうがらしを調理するとき、いつも種を取っているのですが、
今回はレシピ通り、種を取らずに調理してみました。
種のピリッとした辛味と、富士酢の甘みのあるコクが合わさって、
ご飯のおともにぴったり♪
一物すべてを戴くほうが美味しさも丸ごと頂けるんだなぁ、と知りました。

ピリ辛好きの夫が「これは美味い!ビールと一緒に食べたい!」と、
そそくさと缶ビールを持ってきたのは・・・大目に見ましょう(笑)

万願寺とうがらしに、お手紙が添えられていました。
お祖母様の愛子さん(御年89歳)が2年前、事故で大けがを負われたこと、
リハビリに励まれて、また畑でこの万願寺とうがらしを育てられるように
なったことが書かれていました。
ご回復され、また畑仕事ができるようになって、本当に良かった・・・。

暑いさなか、立派な万願寺とうがらしを収穫することだけでも難儀なこと。
このたびは私どもまでおすそ分け頂き、本当にありがとうございました。
お陰様で、大変美味しく戴きました。
愛子おばあさま、どうぞこれからもお元気で畑仕事を楽しまれますように!
ありがとうございました。
[PR]
by hamu_totoro | 2013-09-13 15:55 | 忘れずにいたいこと | Comments(2)

京都:宮津「飯尾醸造」さんのお酢蔵見学

この夏休み、帰省に併せて、天橋立と宮津に立ち寄ってきました。

我が家は、「富士酢」と「京都のお酢屋のお酢レシピ(2007年初版)」を
結婚以来、ずーっと愛用しています。

京都のお酢屋のお酢レシピ (アスキームック)

飯尾 さとみ / アスキー


このレシピ本を見て作ったきゅうりのゴトゴト等、このブログでも何度かご紹介してきましたが、
宮津には、その「富士酢」を作られている飯尾醸造さんの蔵があるのです!
またとないチャンスに、ドキドキ&ワクワクしながら見学に伺いました。

京都から特急電車「はしだて号」に乗って2時間、宮津駅に到着。
宮津駅からタクシーで10分ほど走ると、山を抜け、栗田湾が目の前に広がります。
湾に沿って立ち並ぶ家々の一角に、飯尾醸造さんの蔵がありました。
c0017505_11404157.jpg

駐車場から、蔵の入り口に向かって細い道を歩いているところ。
お酢を入れていたのでしょうか、飴色の甕に風情を感じます。
c0017505_11432365.jpg

「静謐」という言葉を思わず思い浮かべた、蔵の入り口。
c0017505_11553995.jpg

幸運なことに、会長(飯尾醸造4代目、毅様)に蔵のご案内をして頂きました。
お話しくださる言葉の一つ一つに、重みを感じます。
まずは大きな発酵タンクが所狭しと並ぶ、発酵蔵へ。
写真パネルを見せてもらいながら、説明して頂きました。
c0017505_11594364.jpg

今年創業120年を迎えた飯尾醸造さんのお酢作りは、3つの要素から成り立ちます。
すなわち、<無農薬>の<原料>をたっぷりと使い、
じっくりと<時間>をかけて丁寧に作られていることです。

◆契約農家さんを大切にする

農薬が一般的に使われ始めた戦後、これではいけないと感じた先代が、
昭和39年から契約農家さんに無農薬米を作ってもらうようになって、
今年で50年。
再生紙マルチを使った無農薬のお米作りは、紙代も農機具代も、
いもち病対策のお酢等も全て自社で負担されているそうです。
豊作のときもどんな時も、契約農家さんからすべて買い取り、
自社で精米をしているとのこと。
契約農家さんを大切にされている真摯な姿勢に、改めて感銘を受けました。

◆時間をじっくりとかける

大切に育てられた無農薬米に麹菌をまぶし、麹を作ってから
酒のもと(酒母)を作ります。酒母をつかってもろみ(純米酒)を醸し、
もろみと水、種となるお酢をタンクに入れて、酢酸菌の膜を浮かべると
ようやくお酢の仕込みが始まります。
もろみを作ってお酢を作る手法をとっているのは、日本全国の中でも
数えるほどしかありません。それほど、手間と時間がかかるということです。

飯尾さんの発酵方法は「静置発酵(表面発酵法)」。
c0017505_12291741.jpg

酢酸菌の膜が空気に触れる面積によって効率が変わってくるそうですが、
表面温度(40度くらい)と底面温度(室温くらい)の差でタンク内の対流が起こり、
夏は4~5か月、冬は2~3か月かけて、純米酒のアルコール分が
ゆっくりとお酢に変わってゆくそうです。
c0017505_12405213.jpg

酸素に触れるほどお酢が熟成していくので、発酵後も5回ほど移し替え、
約8か月かけて熟成させるとのこと。
飯尾さんのお酢の、ふくよかで豊かな風味は、この時間が作っていたんだと
改めて感じました。

むしろと蓋を開けた発酵タンクを、梯子を上がって見せてもらいました。
表面をびっしりと覆う、酢酸菌の白い膜がはっきりと見えました!
c0017505_1249281.jpg

顔を近づけると、湯気のようなふわっとした熱気が顔を包みました。
酸味の効いた香りにむせそうになり、苦笑い。
でも、この香りをかげて感激!
c0017505_12531639.jpg


◆無農薬のお米をたっぷりと使う

一般的なお酢1リットルを作るのに使われる米量は40g、
純米酢でも120gほどですが、飯尾さんの富士酢は200g、
プレミアム富士酢に至っては320gのお米を使って作られています。
良いお米を惜しまず使っているのが、一目で分かる展示。
c0017505_1247175.jpg

ちなみに、醸造アルコールを使って作られているお酢は、
左端のようなエタノールを添加して作っているのだそう。
そりゃないわ・・・。

続いて、紅芋酢など、野菜や果物を絞ってお酒を造る「しぼりぶね」
を見せて頂きました。
c0017505_1321055.jpg

飯尾さんでは、現在でもこのふねに沈めた布袋入りの紅芋酒を
最後は人力で圧力をかけて絞っているそうです。
機械でとことんまで絞ってしまうと雑味が出てしまうので、
人力の手加減がちょうどいいのだそう。
分かりづらいですが、右下の写真が絞っている様子。
「せいのっ!!」と声を合わせる、蔵人さんたちの声が聞こえてきそうです。
c0017505_1345511.jpg

あの紅芋酢の華やかな紅色は、ここから生まれるんだなぁ・・・。
ちなみに絞った残りは畑の肥料になるそうですが、宝の山だと思います!

じっくり見学させて戴いたあとは、お楽しみ、お酢の試飲♪
c0017505_13101584.jpg

お酢の販売コーナーには、関東ではなかなか見かけることができない
紅芋酢の大びんや、レアな果物酢(後述)もあったりして、
愛好者にはたまらない空間でした(笑)
c0017505_13121092.jpg

我が家のお土産には
*無農薬栽培50周年を記念して、蔵人さんたちがラベルを1枚1枚
手書きしてくださった記念ラベルの「富士酢」
*青森の木村秋則さんの、あの「奇跡のリンゴ」を100%使った
「にごり林檎酢」
*国産の青梅を、「富士 玄米黒酢」と氷砂糖で漬けこんだ「梅くろす」
*関東ではめったに手に入らない「紅芋酢」の500ml
*富士酢オリジナル手ぬぐい
を選びました♪♪
c0017505_1911388.jpg

最後に、会長が書いてくださった
「酢は寿」
ということばが、温かく心に沁みました。
c0017505_19173352.jpg

今回、宮津を訪れることができたのも、峰山の縄屋さんや、
さまざまな方々にご縁を戴いたからこそ。
ご縁をつなげて戴いたことに、深く感謝しています。

記念ラベルには、5代目社長:彰浩様の手書きメッセージが。
c0017505_19203499.jpg

「味や造りとともに棚田を守るのも 私たちの仕事です」

私たちも、友部で無農薬米を作るお手伝いをしていますが、
機械の入らない田んぼで草取りをし、稲の面倒を見るのは、
本当に骨の折れる作業だと痛感することもしばしばです。
棚田を守り、次の世代に伝えていくことの大変さも、私たち以上に
大変なことだと思います。
飯尾醸造さんのその信念を、私たちもできるだけ応援してゆきます!
これからも、変わらぬ美味しさを届けてください。

会長、飯尾醸造の皆々様、暑い中本当にありがとうございました!
[PR]
by hamu_totoro | 2013-09-02 19:16 | 忘れずにいたいこと | Comments(2)

Whatever will be, will be.

すっかりご無沙汰してしまいました。
6月22日(土)に迫った、第10回定期演奏会の準備と仕事で
気ぜわしく慌ただしく過ごしています。

10年歌うにゃ、ワケがある!
「本気のアマチュア」、10年間の総括。

詳しくはこちら↓をご覧ください。


*混声合唱団ブルーメンクランツ 第10回定期演奏会*
~創団10周年記念 私たちが歌う理由~


その間にも、これだけは譲れん!と、
お菓子教室やパン教室には顔を出してはおります。
書きたいことがたくさんあれど、書く時間がたりないー。

しかし今日は忘れたくないことを一つ。
ご近所のお友達に素敵なサイトを教えてもらいました。
ケ・セラ・セラの訳詩が素晴らしい。
心に沁み渡りました。
K子さん、ありがとう!!!

リンクはこちら*youtubeです。

Que sera sera, 気にしてもしょうがない
Whatever will be, will be. なるようになるさ♪
[PR]
by hamu_totoro | 2013-06-10 21:02 | 忘れずにいたいこと | Comments(0)

パン焼きの輪

合唱の友人、さこちさまと手作り新年会をしたのはちょうど1年前。
私はパン、彼女は抹茶のロールケーキをお互い作って学び合い、
楽しいひとときを過ごしました。

1年ぶりに再会した彼女は、子育てと仕事で多忙な中、
上手に工夫しながら、日々の生活でパン作りを楽しんでいました!
そして、当日の朝焼いた丸パンをプレゼントしてくれました。

たった1回だけ、一緒に作っただけなのですが、
彼女がその時の学びを生かして、その後もパン焼きを続けていて
くれたことに、本当に感激しました。
とても嬉しかった!
c0017505_1317586.jpg

さっとトーストしてから、ゆで卵と塩麹・粒マスタード・黒こしょう
少々をサンドして頂きました。
見た目はふんわりしていましたが、食べてみると全粒粉が入っていて、
もっちり、どっしりとしたパン。
かむ程に甘く、食べ応えがありました。

さこちさま、ごちそうさまでした。
美味しかったよ!どうもありがとう〜。
私もその姿勢、見習いたいです。
また一緒に作りましょう♪
[PR]
by hamu_totoro | 2013-01-28 13:31 | 忘れずにいたいこと | Comments(2)

ひまわり


誕生日に、夫から。
c0017505_17495666.jpg

いつも、ありがとう♪

[PR]
by hamu_totoro | 2012-08-24 21:47 | 忘れずにいたいこと | Comments(0)

夜空を眺めながらプレパーティを

夏休みは、長野→(1時間だけ富山)→岐阜→広島と、電車の旅。
総移動距離は、復路含めて1300kmとなりました。すご・・・。

3日目あたりから、私はさすがに腰が痛くなりましたが、
乗り鉄ちゃんの夫は「まだいける」と。
そんな鉄夫に洗脳(?)されて9年、私も立派な鉄子になりました・・・。

結婚してからというもの、全国各地の電車に乗るようになって、
せっかくだからと白い路線図手帳を買い、乗った路線を
塗りつぶしているんだけど、楽しくなってきちゃったし。あはは!

最初にお邪魔した友人宅では、おいしい夕ご飯のあと、
3階の屋外スペースでコーヒーをいただいていたら、
ろうそくを灯したバウムクーヘンが入場!

夜空を眺めながら、プレバースディパーティをしてもらいました。
c0017505_11344980.jpg

娘のMちゃんと一緒に「ふーっ」とできたのが嬉しかった♪
おいしいマフィンとクッキーのプレゼントをいただきました。

友人Kちゃんは、チョコペンの扱いが本当に上手。
ラズベリーをあしらってくれて、とっても可愛い!
c0017505_11372750.jpg

バウムクーヘン、おいしかった~。
Mちゃんがラズベリーをパクパク食べていたのも可愛かったなぁ♪

Kちゃん、Tちゃん、Mちゃん、本当に嬉しかったよ~。
ありがとう。
また冬に会おうね!
[PR]
by hamu_totoro | 2012-08-22 11:45 | 忘れずにいたいこと | Comments(0)

知的好奇心が生まれる場所

SFCの恩師をしのびながら、
思い思いの品を持ち寄った初夏の食卓。
私は、ごまちぎりパンとフォカッチャを焼き、
夏野菜のラタトゥイユを作って持参しました。
c0017505_20532876.jpg

美味しい手作りごはんとシャンパーニュ、ワインをいただきながら、
終始、知的好奇心を刺激される会話が途切れず、
まるでSalonのようでした。
すばらしい夜でした。

主人の目は、知的興奮で終始キラキラ輝いていて、
まるで学生時代にもどったかのようでした。

私はすっかり主婦色に染まってしまって、
レシピ以外(笑)の本も読まなくなって、議論とは縁遠い日々。
これじゃいけないわ、と、ちょっぴり反省もした夜でした。
本を読もう。
c0017505_20535459.jpg

ありがとうございました。
次回を心待ちにしています!
[PR]
by hamu_totoro | 2012-07-06 21:00 | 忘れずにいたいこと | Comments(2)


パンやお菓子作り、畑仕事、陶芸、うたの楽しみを綴っています。作業療法士。たまにお仕事(精神障がいの方の支援)の話も。 ※日記に関係のないコメントやトラックバックは 削除させていただきます。


by hamu_totoro

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ

ブログパーツ

link

お気に入りブログ

日々是日記 - リターンズ -
montblanc / ...
ご飯と器
おとなは、だれも、はじめ...
Cafe Eight キ...
Cafe8センム日記
花屋&Cafeの話
土あそび
作陶日記 - つぐみ製陶...
happy days -...
ばーさんがじーさんに作る食卓
*花伝書*
ぱくぱくスタジオのパンダ日記
Kie*ものもの画帖
銀座 月光荘画材店
田中農園・ぺトラン 
The Lark Asc...
うつわやの、箸の上げ下げ
カオリラックスのリラック...
uto-uto to t...
代官山だより♪
お花いろいろ・レザンジュ...
ぴるりの気ままに日記
PURE CAFE
家事も仕事もぼちぼちと
Baking Diary
tsubomi.
K's Sweet Ki...
楽子の小さなことが楽しい毎日
Pure food li...
Psalm of The...
ばら屋さんのフラワーレシピ
hana* blog
My*Simple*Style
おうちを買おう
skippy's home
My slowlife ...
土遊布・どうゆうふう???
Eightablish
陶芸家・大江一人 『ロク...
代官山の手芸店 Merc...
おべんとう日記vol.2
いつか晴れた日に
ル・ポタジェ
Mis favoritos
カンタとハンナ
うつわノート
room 153+++
ユニオンスクエアの窯 ☆...
おかゆのきまぐれにっき
カエルのはんこ工房
Natural Life
natural life...
by the beach
vege dining ...
ブレーメン通信
ひろぽんのつぶやき
coupe-feti
JIM-NETニュース
O・ha・na・shi日...
YPSILONの台所 Ⅱ
えいえもん日記
新潟生活
粉もん☆マニア
Content S.K
糀 料 理 研 究 室 ...
アイシングクッキー&シュ...
召しませ!
『しかくいうつわ展』
ki-to-te・店番の日々。
おいしいおいしい うまいうまい
池田大介 器と余白

以前の記事

2016年 02月
2014年 10月
2014年 09月
more...

カテゴリ

はじめまして。
プロフィール
はむの日常
うた
手ごねパン
陶芸
手作りのもの
友部
築地・月島
作業療法
ハーブ園
忘れずにいたいこと

最新のトラックバック

料理写真教室☆大盛況!あ..
from お菓子教室&食育コミュニティ..
掲載、ありがとうございま..
from 「お散歩すとあ」店長のひとり..
写真展に行ってきました(..
from ● ほんとの「豊かな生活」を..
花緑「も」だいすきです
from 落語だいすき!
ホワイトデー
from hachilog2.0

検索

ライフログ


東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~


ベビーブック―もの、こと、おはなし


「たからもの」って何ですか


バッテリー


イントロデューシング


ブラバン!甲子園


京都のお酢屋のお酢レシピ (アスキームック)


赤毛のアンの手作り絵本〈2〉青春編

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

パン
料理・レシピ

画像一覧