<   2008年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ロウ抜き絵付茶碗/平皿/ぐい飲み/花鉢受け皿

今日は、陶芸教室にいけました。

と言うのも・・・昨夜はお腹を壊してしまって、またお布団と友達になっておりました(;_;)
先般から頭痛→胃痛→腸の痛みときたので、これは夏風邪だったのだと思います。
昨夜はしんどかったですが、今朝はだいぶラクになりました。
もう、たぶん大丈夫。

5月、6月に作っていた作品が焼きあがっていたので、持って帰ってきました。
(かなり溜まっていたみたい)
この機会に、お披露目させてください。

c0017505_1724236.jpg
◆ロウ抜き絵付茶碗(ペア)

釉薬:  石灰、黒天目
使用土:信楽
焼成法:酸化
絵付:  赤、黄、緑、青


昔はロウを使って模様を描いていたので「ロウ抜き」といいますが、
今回は撥水剤を使って描きました。以下、ロウ抜きの一つのやり方です。

1)下地となる釉薬(今回は白く焼きあがる「石灰」)を全体に掛けます。
2)鉛筆で模様を描き、その部分だけに撥水剤を塗ります。
 (今回は丸い窓を3つと、ラッパを3つ描きました)
3)二度目の釉薬(今回は茶色く焼きあがった「黒天目」)を全体に掛けます。
 すると撥水剤がはじいた部分が浮き上がり、模様になるという仕組みです。

本焼き後、白く抜けた3つの窓に、さらにカラフルな画材を使って「絵付(えつけ)」をし、
もう一度焼いて、完成しました。

c0017505_174130100.jpg
左上:花紋
右上:古代紋
右下:青海波(波の模様)

花紋はとても難しかったので、先生に手伝ってもらいました(^▽^;)
古代紋と青海波は、赤い線をなるべく細くするように頑張りました。


c0017505_17454417.jpg
左上:楽譜
右上:花紋
右下:井桁紋

こちらはちょっと現代風に、遊び心を入れて描いてみました。
はむ夫は「模様がちょっと可愛すぎ」と言っていましたが・・・ラッパもあるし、ええじゃないか。


c0017505_17502971.jpg
◆平皿

釉薬:  大谷貫入
使用土:赤土
焼成法:還元



c0017505_17514670.jpg
ひっくり返したところ。

「大谷貫入」は流れ出しやすい釉薬なので、全体的に釉薬を掛けてしまうと、焼いたときに釉薬が下まで流れ落ちてしまい、くっついてしまうことがあります。
それを予防するために高台からかなり上の部分まで撥水剤を塗っておき、下まで釉薬をかけずに焼いています。


c0017505_17544156.jpg
「貫入(かんにゅう)」とは、ひび割れのこと。
よーくみると、ガラスのようにひび割れが入っているのが分かります。


釉薬が濃くかかった部分は、乳濁し、白っぽく焼きあがるのも大谷貫入の特徴です。

以前、大谷貫入のお茶碗を作ったときは、底のほうに釉薬が溜まってしまって、
かなり乳濁してしまったので、今回は薄めに掛けてみました。
釉薬が薄めにかかったところは貫入がたくさん入っていて、好きな感じになりました。

(お茶碗は、写真をとる前に妹夫婦にプレゼントしてしまったことに、
今、気づきました・・・。記録のために今度撮ってこよう・・・)
c0017505_1801264.jpg
平皿なので、お盆代わりに使ってもいいかもです♪

基本的には、お刺身とかを載せる予定。


c0017505_1814644.jpg
◆ぐい飲み(2作目)

釉薬: 志野
使用土:赤土
焼成法:還元

あや香ー、焼きあがったよー(笑)

はむ夫と晩酌したい方は、ぜひこちらでどうぞ♪


c0017505_1833780.jpg
◆花鉢受け皿

釉薬: 白マット(むら掛け)
使用土:赤土
焼成法:還元


以前作った、寄せ植え用の鉢の受け皿をセットで作りました。
別々に作ったので、焼き上がりのサイズを計算して作るのが難しかったです。
ピッタリのサイズに焼きあがってよかった。

ちなみに寄せ植え後日談です。

「岩唐草」は、結局枯れてしまって残念な結果になりました。日当たりが足りなかった?

「赤花姫しゃくなげ」は、ひょろひょろと新芽を出しましたが、新しい花をつけるに至らず。
(日当たりが悪いのかなぁ・・・)
最初から咲いていたピンクの花は、6月頭くらいまで咲いていました。
真夏なので、ひょろ長い新芽は短く刈り込んで、体力を温存させてみました。

「ケヤキ」が一番元気です。多分、秋には紅葉すると思います。

長々と失礼しました。
もし感想などありましたら、聞かせてもらえると嬉しいです☆
[PR]
by hamu_totoro | 2008-07-31 18:09 | 陶芸 | Comments(6)

徳利とぐい飲み / 急須

引越しドタバタで疲れが出たのか、昨日は(また?)ダウンしてしまいました・・・。

昼過ぎから、頭痛と吐き気でしんどくて、昼ごはんに作ったうどんも麦茶も受け付けず。
とりあえず横になれば落ち着くかな、と思ったのですが、どんどんひどくなる。

16時すぎには、水も飲めなくなってきて、どうしようどうしようと思っていたのですが、
思い直して、偏頭痛用の痛み止めを飲んで30分ねばってみたら、
なんとか頭痛も嘔吐も落ち着き、ほっとしました。

はむ夫が早い帰りだったので、ポカリとパンを買ってきてくれましたが、
ほんとに一人暮らしだったら、どうなってたんだろう・・・と怖さを感じてしまいました。
動けなくなったときの緊急事態用に、ポカリを冷蔵庫に常備しようと思います。

今日はちょっと様子を見ながら、引越しのために本の整理をする予定です・・・。

******♪♪♪******

最近ドタバタしていて、陶芸でもなかなか集中できていないのですが、
先日完成したものを見ると、また集中できるときにがんばろうと思えます。

成型課程までブログでご紹介していた徳利とぐい呑み急須の、
完成した姿をお披露目させてください。

c0017505_9362783.jpg
徳利とぐい飲みのセット

釉薬: 志野
使用土:赤土
焼成法:還元

はむ夫の誕生日(春)にプレゼントしたものです。
秋~冬になったら、活躍してくれる、はず(?)。


c0017505_9384931.jpg
ぐい飲みを、徳利にかぶせて収納可能です。

なんだか雪だるまみたい?
(虚無僧っぽい感じもします・・・マニアックかな)


c0017505_9403814.jpg
急須(2作目)

釉薬: 赤志野(ムラ掛け)
使用土:赤土
焼成法:還元


信楽土に赤志野をかけたときの、釉薬が濃くかかった部分が茶色っぽくなるイメージが
好きです。
しかし今回のように赤土だと、釉薬の濃い部分が灰色っぽい感じになって、
ちょっと変わった感じ。個性的すぎかな??
c0017505_951449.jpg
今回、蓋受けを小さくするのを忘れて、内径がかなり大きくなってしまったのが反省ポイント。

82ミリ、茶漉しが大きいです・・・。
一度に4人分くらい軽く煎れられる大きさになってしまいました。


今回、注ぎ口はある程度の太さを保って焼きあげることができました。
前回のような、ししおどしのような「チョロチョロ注ぎ」には今回ならずに済み、
ほっとしました。

それでは、今日も、よい一日でありますように・・・。
[PR]
by hamu_totoro | 2008-07-29 09:56 | 陶芸 | Comments(8)

風になった友人に逢いに

夕立があったり、すっかり夏ですね。
相変わらず、引越し準備でバタバタしております。

c0017505_1059860.jpg


昨日は、昨年亡くなった友人の1周忌を偲んで、
偲ぶ会に出席してきました。

友人のお父様が発起人で行った会には、
彼女の高校時代の合唱仲間、
短大時代の山登りの仲間たち、
卒業後、パティシエ目指して留学をしていたリヨン時代の友人たち、
帰国後、就職した製菓卸会社の上司たち、
転職し、パティシエとして就職したケーキ屋さんの友人たち、
その後、私と同じように社会人入試で入り、リハビリを学んだ私たち同級生、
卒業し、PTとして就職した病院の同僚たち、
山登りに加えて始めた沢登りの仲間たち、
・・・
彼女を偲ぶ人たちが、総勢40人ほど集まりました。
それぞれの話を伺っていると、彼女の短くも、濃い、太い人生を、
スライドショーで見ているかのようでした。

・・・

彼女は物静かな口調であるけれど、
とても酒豪だったし(笑)、
おかしいと思ったことはきちんと指摘した人だった。
一つのことに夢中になると、まっすぐに突き進んでいた。

彼女の作るケーキは、とてもとても、美味しかった。
テストや実習の合間に、
私たち社会人組で集まって「グルメ会」なるものを開催するときには、
必ず一品、何か美味しいものを作ってくれて、ケーキを持ってきてくれて、
美味しいワインをたんまり呑んでいた。

彼女がパティシエを辞め、PTの道に進んだのは、
パーキンソン病を患い亡くなったお母様と同じ人たちのリハビリに、
真っ向から取り組むためだった、と後で聞いた。

その言葉通り、1年生の体験実習のときから、患者様に真正面から向き合う人だった。
朝早くから同じグループの人たちを集めて、話し合って実習に向かってたのを覚えている。

c0017505_113656.jpg


最後に会った2年前の夏、神楽坂のレストランで、
「沢登りに、これから挑戦してみようと思うの!」と、目を輝かせて話していた彼女。
PTとして就職後、学会発表もし、まさにパワー全開!といった笑顔を見せていた、彼女。

一年後の、昨夏。
彼女が山で遭難し、亡くなったと連絡が入った。

沢登りの途中、足を滑らせて、川に流された、と。


信じられなかった。


実は1年たった今も、あまり、信じられていなかった。

偲ぶ会の会場に到着し、ドアを開けたとき、お線香の香りに包まれた。
そのとき、あ、彼女はもういないんだ・・・って思い出したくらい、
あまり、信じられていなかった。

偲ぶ会では、彼女からは直接聞いたことの無かったエピソードが、沢山聞けた。
合唱が好きで実はアルトだったということ、
実は私の高校の付属短大に通っていて、同じきざはしを上っていたということ、
たくさん共通点があったのに、何にも知らずにいたことが悔やまれた。

もっともっと、彼女とお話したかった。
なんで神様は、彼女を連れて行ってしまったのだろう?

会場に、彼女の遺影が飾られていた。
くったくのない笑顔は、1年前と全く変わっていない。
もうずっとこのままの笑顔なんだな、と思ったら、少し落ち着いた。

また会いにくれば、ずっと同じ笑顔の彼女に会える。
そう思えたから。

山を、川を愛した彼女は、風になったのだと思う。
山を登り、川を上る、
街を吹き渡る風になったのだと思う。

いつでも彼女はきっと、私たちのそばにいると思う。

昨日は夕立の後、自宅から、素晴らしい夕焼けが見られた。
きっとこれも、彼女からのプレゼント。

c0017505_11143149.jpg


麻奈さん。
今頃、お母様と一緒に、天国でも山登りしているかな。
美味しいケーキを作っているかな。
リハビリで大忙しかな。

いつかまた、必ず会おうね。
またあの笑顔を見せてね。
[PR]
by hamu_totoro | 2008-07-28 11:25 | 忘れずにいたいこと

無言のやさしさに包まれて

今日も朝から蒸し暑いですね。
空気が体にまとわりつくような感覚。

「空気のような存在」って言うくらい、普段は空気の存在を気にも留めないけれど、
風の強い日や、今日のような湿気の多い日は、空気がそこにあるんだなぁと
気づかせてくれる日でもあります。

昨日は、そんな、まるで空気のごとく気づかなかった(今朝、初めて知って驚愕!)
「無言のやさしさ」に包まれていた1日でした。

******♪♪♪*****

このところ、引越しの準備で何かと気遣いが多く、気持ちが疲れていた私。
実家の両親も近くに来るのが嬉しいのは分かるのですが、思いつきでいろいろと
横槍を入れてくるので、それに振り回されたりして、かなり疲れていました。

陶芸に行っても全然集中できなくて、いろいろ土をこねくり回した挙句、
ひどいのができちゃって、先生に大幅修正してもらったり。
はむ夫は連日忙しく、遅くに疲れて帰ってくるのに、やつあたりしてしまったりして。
(サイアクな嫁・・・)

そんな中、昨日は、午前中は自由が丘に注文したお品をお迎えにゆき、
午後からは地元の友人のところにやってきた赤ちゃんに会いにゆき、
地元の不動産屋さんに立ち寄り、さらに夕ご飯を実家で食べたあと、
電車を乗り継いで自宅に帰ってくる、というスケジュールでした。

暑い、暑い1日でした。

午前中の自由が丘の用事は、前にもご紹介した
「お散歩すとあ」店長のひとりごと。
の、くみこさんに、夏向けのシュシュを作っていただいたのです。

くみこさんの作品を置いておられるお店「cafe one」さんにシュシュをお取り置きして
頂いたので、oneさんでお昼ご飯を食べつつ、お迎えにあがることにしました。

自由が丘は、私の地元の駅から電車で10分程度なので、
私には学生時代を思い出す町です。
でも、お店の入れ替わりも多いので、行く度に新しい発見があります!
今回、初めてcafe oneさんに伺いましたが、とてもとても、ステキなカフェでした!

c0017505_120219.jpg
本日のoneごはんは「木の子とそぼろのオムレツごはん」でした。
しめじや舞茸がたっぷり入った美味しいオムレツと、ピリっと辛い高菜の入ったごはん。
とってもとっても美味しかったー!!!
卵料理の大好きな私にとっては、本当にツボなごはんでした。

c0017505_1233646.jpg
そして、最も楽しみにしていたのが、この「デザインカプチーノ」でした。
くみこさんのブログで何度もお目にかかっていたのですが、写真で見るのと、実際に目にするのとでは、感動が桁違い!
こんな美しい、可愛らしいカプチーノに初めて出会いました・・・☆☆☆

思わず「ど、どうやって飲んだらよいのでしょう・・・」などと、アホな質問をしてしまった(汗)
こういうところでお里が知れてしまいますね・・・。反省。

ふんわりとした泡をよく混ぜていただくのだと教えていただきましたが、
本当に、かき混ぜてしまうのがもったいないくらい、ステキでした。
お味も、旨みがとてもあるのに後味がすっきりしていて、本当に美味しかったです!

初めてのカプチーノは、うさぎちゃん☆
このほかにも、リーフや白鳥、くまさん、オリジナルの絵などたくさんあるようなので、
(細かく描けるのが本当にすごい!)次に出会えるカプチーノが楽しみでなりません♪

シュシュをお迎えにあがったお陰で、とても美味しくてほんわかできるお店に出会えて、
大満足~~~!!!\(≧▽≦)/
で、午後からのハードスケジュール(?)に向かっていった私でありました。

それで。
1日明けて、今朝、驚愕の事実を知りました。

どうやら私は、ランチについていた「カフェオレ」を注文したらしいのですが、
(そういえば確かに、「カプチーノを追加注文しなくちゃ~」とかぼんやり思っていた気が
しなくもないのです、でもごはんが出てきてすっかり忘れてはしゃいでしまった・・・)
真さんに出していただいたのは、デザインカプチーノだったのです。

そう。

お店の方が、くみこさんから、私がデザインカプチーノをとても楽しみにしていると聞いて
おられたようで、気を利かせて、カフェオレではなくカプチーノを出してくださったのです!!!

もしかしたら、ランチのセットではなかった?のかも?
でも、そんなことは一言も言わず、笑顔で対応してくださったoneのみほさん、真さん・・・。

うっかりものの私は、今朝、そんなoneさんのあったかい心遣いを、
くみこさんのメール&ブログで知るまで、全く気づかなかったのです。

自分のアホさ加減も棚に上げて、ですが・・・

こんなにも温かい「無言のやさしさ」をoneさん、くみこさんに与えてもらったお陰で、
私は気持ちよく過ごせていたんだ、という事実がひしひしと分かり、
こころの底から熱いものがわきあがってきて、涙が出ました・・・。

空気も、やさしさも、目に見えないけれど、確かにあるのです。
自分のすぐそばに、目に見えないけれど、大切なものが確かにあるのです。

ありがとう。
くみこさん、ステキな出会いをさせてくれて、本当にありがとう。
あなたのお陰で、大事なことにまた気づくことができました。

oneのみほさん、真さん、本当に、本当に、ありがとうございました。
また必ず、ぜ~ったいに、伺います~!!!

くみこさんのブログにも書いていただきました↓
「お散歩すとあ」店長のひとりごと。

くみこさんの丁寧な字に比べたら、私の雑な字、恥ずかしいのですよ~(滝汗)
くみこさんの字、あったかくて大好きですよ☆☆☆

*****♪♪♪*****

c0017505_12255537.jpg
新たに我が家の子になったシュシュたち。

連日暑くて、必ず朝ひとつに髪を結うので、以前お迎えしたシュシュたちは大活躍!
この子たちも、この夏、大活躍してくれることまちがいなしです♪


c0017505_12225679.jpg
oneさんがこんなに可愛くラッピングしてくださいました♪

ほんとに本当に、ステキなお店です。
行きたい方、是非ご一緒しましょう!!!


店名:cafe one
住所:〒152-0035東京都目黒区自由が丘1-31-8石川ビル2F
電話:03-3718-7866
[PR]
by hamu_totoro | 2008-07-24 12:34 | 忘れずにいたいこと | Comments(9)

ようやくスッキリ&引越しガンバリマス!

関東は昨日、梅雨明け宣言が出ました♪
今朝は所用で5時に起きたのですが、玄関を開けたら涼しい風が入ってきました。
夏の朝という感じがしました!

さて、このところドタバタ&体調を崩しがちだったのですが、ようやく落ち着いてきました。
暑さに体がだいぶ慣れてきたのもありますが、昨日、引越し先の部屋が決まったことも
あり、精神的にもかなり楽になりました。

そう、我が家はまた引越しをすることになったのです。
(結婚して住んだ家3.5年→今の家もうすぐ2年→そして新居へ)

現在の家は、私の前の職場から近く、共働きを前提として移り住んだのですが、
はむ夫の職場からは非常に遠いのです。
その後、私が病気休職→退職してしまったこと、そして更新が迫っていること、
もろもろを検討してきました。

この町で陶芸をはじめたことがきっかけで、かおりんを始め、いろいろな出会いを
させてもらって、頼もしいAや香がいてくれて・・・
この町も、とても魅かれてやまないのですが・・・(T_T)
引っ越すことに決めました(T_T)(T_T)

実は、先週末に内見し、既に決めた部屋(3階建ての3階、最上階)があったのですが、
その後管理会社から、内見の時には知らされなかった「屋上からの漏水」があることを
通告されました。

管理会社も「入居までに必ず直します」と話しているし、直せば気にならないはず・・・と
思っていたのですが、なんだか、心がモヤモヤして。
(Iたじゅうさん、数々のアドバイスほんとーに助かりました!!!ありがとうございます!!!)

で、予備日として確保しておいた昨日をフルにつかって、もう一度、二人で
物件探しの旅に出たわけです。
太陽ジリジリ、アスファルトの照り返しを受けながら、ぐるぐる歩いてきましたよ・・・。

しかし、とてもラッキーなことに、両親の知り合いの地元の不動産屋さんが
「先日たまたま空き、まさに今リフォーム真っ只中の部屋」を紹介してくださいました。

内見してビックリしたこと。
その部屋の間取りは、先週決めていた別の部屋と全く同じだったのです!
建てられた時期もほぼ一緒。
同じ町内の端っこと端っこで、大家さんも違う方なのですが、本当に作りが同じ。
同じ施工会社だったのかなあ、と思うくらい一緒でした。

こちらは3階建ての1階なのですが、地面から少し高いところに作られているので、
1.5階くらいの感覚。
我が家は2階以上でずっと探してきたので、最初は「通りの目線とか、大丈夫かな?」と
とても気にしていたのですが、内見をしてみて、大丈夫そうだという結論になりました。

そして、角部屋なので、東にある二つの窓からキッチンとリビングに光が入り、
とても明るく、風通しがいいところが気に入りました。

というわけで、その日のうちに、先週の部屋をキャンセルし、
こちらの部屋の申込みをしてきました。

あああ、本当に良かった!ほっとした・・・。

以前、友人のkaoriちゃんが
「部屋探しは大変だけど、絶対にここだ!という部屋は必ず見つかるから、頑張って!」
とエールを送ってくれたのですが、なかなかそういう気持ちになれませんでした。

でも昨日、(6月くらいから地道に探してきて)最後に出会ったこの部屋については、
本当に「ここだ!」思えました。
・・・正直なところ、いろいろ見て回って見尽くして、疲れもあったかも、ですが。

でも、近くに綺麗な川があって、おさんぽやマラソン(→夫)には最高の環境だし、
家の前の通りをはさんで、大きな木が植えられていて、子供の頃によく遊んだ
憩いの場の傍であることも気に入りました。
(ここで夏と秋には盆踊りが開催されるので、年に1日か2日は非常に賑やかになる
とは思います・・・まぁ私もさんざんお世話になった祭りだしね^▽^;)

ちなみにこちら、実家から歩いて5分という、激近物件でした。
この点、休日の朝とか、実家の両親が愛犬とともに襲撃してくる?!危険性も高く、
おちおち寝てられないかも?!という一抹の不安はあります(・・・苦笑)。
はむ夫、すまぬ。

・・・これまで、高校も隣の市に通ったし、大学も遠いところに通ったし、
地元ではいろいろしんどいこともあったので、
地元から離れよう、離れようとしてきた自分ですが、
今回戻ることになり、今更ながら、なんとなくホッとしている自分に気づきました。

生まれ育った町には、楽しい思い出も、そして正直しんどい思い出もたくさんあります。
でも、それも今の私を形作っているものだし、否定はしない。
これからはまた、はむ夫と二人三脚で、新しい出会いをたくさんして、
新しい思い出をたくさん重ねていけたらな、と思います。

・・・まずは引越し先が決まって、ホッとしました。

次は、引越しの準備!
先週は具合のいいときにはひたすら家の片づけをしていましたが、いやー、
使っていないものやゴミが、出てくる、出てくる。
在庫一掃!

真夏の真っ盛りの引越しになります。
無事に乗り切れますように!

c0017505_946137.jpg
写真:
母に帰りがけにもらったお肉で、物件決定祝い♪焼肉♪

実は、結婚以来「初めて(!)」我が家で焼肉しました。(牛肉、食べることがないんで・・・^▽^;)
暑くて料理したくないときには、焼くだけでいいからラクですねー!ホットプレート万歳!
[PR]
by hamu_totoro | 2008-07-20 09:53 | はむの日常 | Comments(6)

夏野菜のスケッチ

c0017505_18332684.jpg
まんまる農園さんから、夏野菜がたっぷり届くようになりました。

最近とても蒸し暑く、体調を崩しがちな私。
(夏生まれなんですけどね~)

夏野菜から、夏を乗り切るパワーをもらいたいと思います!

初トマトがとても綺麗だったので、描いてみました。
まんまるさん、いつもありがとう。

連絡:なみちゃん、次回は必ず!
    かおりん、体調崩してしもたm(_ _)m
    後ほどメールします。
[PR]
by hamu_totoro | 2008-07-16 18:30 | はむの日常 | Comments(4)

全自動洗濯機の逆襲~文明の利器vs環境を守ること

以前、友人のさっちんがつぶやいていた言葉があります。

「全自動洗濯機・・・そこの君、ホントに大丈夫かね?」

たしか、二層式と違い、洗いっぷりがみえづらい(チェックしづらい)というお話だったかと。
そうだよなー、と、そのつぶやきを読んだときは憤然と思っただけだったのですが、
そのつぶやきをありありと思い出させる事態が、先日起きました。。。

先週、すっきりしない空が続いて、ついでにものすごく蒸し暑い日が続きました。
我が家は、シーツは麻のものを使っているのですぐ乾くのですが、
タオルケットは綿で、大きくて分厚いので、除湿機をかけて部屋干ししても、
あまりすっきりしないのです。

そこで、滅多に使うことのなかった「洗濯→乾燥」コースを使うことにしました。
乾燥機能を使うのは、1年ぶりくらいでした。

乾燥後、タオルケットはふんわり乾き、大満足でした。
ただ、一緒に洗ったバスタオルを使ったはむ夫が
「バスタオル、なんとなく香ばしいような匂いがする・・・」
と話していたのです。

翌日、少し晴れ間も出ていたので、よし今日も洗濯だ!と勇んで、
朝イチで洗濯機を回しました。二度寝もせずに(爆)

そして、るんるんで蓋を開けたら・・・



洗濯物に。
驚くほどの。
黒い物体が。
びっしり。
ついていた。

・・・カモサレタ━━━━━━━∑(゚□゚*川━━━━━━━━!!!!!!!!!!

あとにもさきにも、洗濯機の蓋をあけて
「ギャアアア!!!!!」
と叫んだのは、この日だけです。
心臓が本当に縮んだ。


・・・我が家は洗濯槽(裏側)の掃除を、「月1回」のペースでしていました。
(ダメ主婦の釈明みたいだけど、ほんと)
そのときにも、ちゃんと黒い海苔のようなカビたちがふわりふわりと出てきて、
1サイクル終わってももう1回すすいで、しっかり取れていたのですよ。

(今となっては、ちゃんと取れていた 「と思っていた」 のですね)

・・・ただ、この家に越してきて2年ほど、界面活性剤の入っていない、
液体洗濯石鹸を使ってきたのですが、
界面活性剤の入った合成洗剤のときよりも、カビが増えたかも?とは
思っていたのです。


それに、乾燥機能を使った日のつい1週間前に、洗濯槽の掃除をしたばかりでした。
ぴっかぴっか♪
るんるん♪
で、洗濯していた矢先のことだったのですよ。

注水すすぎを2回くらいすればなんとかなるかも、と、
一縷の望みをかけて蓋を閉めたのですが、
すすぎを繰り返しても、洗濯物に黒い海苔はびっしりついたまま。

最後は諦めて、全て、洗面台で手洗いによるすすぎを繰り返しました。
一つの洗濯物につき、3回くらいすすがないと、黒い物体は取れませんでした。

最後の洗濯物を洗い終えて干し終わって時計を見ると。
悲鳴を上げてから、3時間。
12時も迎えようという時間になってました。

<(T◇T)>うぉぉぉぉぉ!!!


でもね、あの黒い物体は、手洗いでもしない限り絶対取れません。
特に綿のものが吸着しやすいようで、
一番清潔にしたいタオルが、ものすごいことになっていました。

そのまま全ての洗濯物(満タンだったので8リットル分)を、
マジで捨てようかと思いましたよ・・・。

でもそんなこと到底できないので、ひたすら、ひたすらすすぎました。
すすぎながら、ずーっと、
『おじいさんは山へ芝刈りに・・・おばあさんは川へ洗濯に・・・』
というフレーズが、頭の中を駆け巡っていました。

川で洗濯してたら、こんな黒かびはつかなかっただろうに・・・

文明の利器の怖さを、ひしひしと感じましたよ。

その後、先週やったばかりの洗濯槽クリーナーを二袋もブチこんで、
怒りに任せてグルグル掃除しましたがね。
今度は、何度すすいでも、すすいでも、カビが浮いてくるようになってしまいました。

何回、満水すすぎをやっても同じだったので、これくらいなら大丈夫だろうと思って
次の日、また洗濯をしたのですよ。

そしたら・・・。

┌|゚□゚;|┐ガーン!!

また付いてるやんけ!!!

次の日も、また手洗いしましたよ・・・。

次の日も・・・

・・・

・・・

もう、ほとほと疲れてしまったので、友人のお父様(電器店経営)に泣きつきました。
分解して、掃除してもらえないか、尋ねてみました。

お父様曰く、我が家の全自動洗濯機は、分解するためには特殊な道具が
必要だということ。
分解したあとのリスク(微妙なところ)も高いということ。

メーカーで強力な洗剤を売っているが、塩素系の洗剤を1.5リットルも入れて
カビを退治するのは、完璧に近いかもしれないが、環境のためには
あまりにもよくないということ。

全自動洗濯機は、界面活性剤を入れた合成洗剤を使用することを前提として
設計されており、我が家のような、純度の高いせっけんをつかっていると、
たとえ液体せっけんであっても、解け残りが槽に付着し、カビになりやすいということ。

・・・話し合った結果、根気よく、酸素系漂白剤や、重曹や酢などを使って
すすぎを繰り返し、洗い流していこうという結論になりました。

今月の水道代が恐ろしいのですが、
洗濯槽クリーナー→満水すすぎを根気よく繰り返し、
洗濯の時には注水すすぎをしてきました。

今週に入って、ほぼ、洗濯モノにカビがつかなくなってきて、
手洗いをする必要がなくなってきました。

:*.;".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.";.*: ワーイ♪

・・・手洗いをすることが異常事態だったのですが。
・・・洗濯するのではなく、かえって汚しているようなもんだったのだものね。


これに懲りて、合成洗剤をまた、使うことになるかと思います。
界面活性剤の配合の少ないものにしたいとは思っていますが。
文明の利器は、環境を汚さないと、使えないのでしょうか・・・。

なんだか、悲しくなってきました・・・。

これから暑い、蒸し暑い日本の夏がやってきます。
汗っかきの私と、はむ夫、毎日洗濯する機会も増えます。

少しでも環境の負荷を減らすために、出来る工夫はないだろうか・・・。

重曹と酢(仕上げ)を洗剤に混ぜて使ってみたり、
手洗いするものは手洗いでしてしまったり、
(台所のふきんやクロスは、100均で買った洗濯板と石鹸で洗ってます)
・・・もう少しあがいてみようと思います。

長々と愚痴ってしまってスミマセン。


皆様も、どうか、洗濯機にはご注意を。
[PR]
by hamu_totoro | 2008-07-15 09:38 | はむの日常 | Comments(6)

音楽が大好き!

おはようございます。
先の日曜日、ヴェルレクを聴きに来てくださったみなさま、
応援ありがとうございましたー!
満席の杉並公会堂のステージ、本当に感動しました(^_^)

c0017505_8574865.jpg
100人の大合唱団と、同じく100人近くのオーケストラ、4人の素晴らしいソリスト、指揮者の末長先生、合わせて200人以上の音楽を愛する人たちが一つになって、ヴェルディの遺したレクイエムの世界を描くことができました。

合わせて1時間半という大曲、かつ、オケも合唱も難曲ですから、なかなか演奏できる機会はありません。今回、参加できる機会を頂けたことは、本当に幸運でした。

本番ではハプニングもいろいろとありましたが(汗)、それをここで回想しても無粋なので、そっとしておきます。

なによりも、200人強の人間が『音楽が大好き!』という同じ志を持って、
同じ時、同じ場所で、同じ祈りを奏でることができたことに、感謝したいと思います。

今回の舞台のプロデューサー、かつ、ソプラノソリストであり、
大勢の合唱団員にもきめ細かいご指導と心配りを頂いた大隅智佳子先生。

バリトンソリストであり、いつもと変わらぬ熱のこもった合唱指導を頂いた、
合唱指揮者の小林昭裕先生(混声合唱団ブルーメンクランツ常任指揮者)。

このような素晴らしい機会を与えてくださって、本当に、本当にありがとうございました!!!

また是非、ご一緒に歌う機会をいただけますように!

ちなみに、来年も大隅先生が企画を立ち上げてくださるそうです。
来年9月は、これも名曲、フォーレのレクイエムです。

私はKO大学の楽友会に在籍中、卒業する年の定演にこの曲を歌いました。
星の数ほどの思い出が詰まった曲です。
(私のお葬式には、フォーレのレクイエムを流してね、と家族に伝えてあるほどです)

来年参加できるかはまだ未定ではありますが、調整していければと思います!

そして、これからも、音楽を愛する心を大事にしていこうと思います。


-------おまけ--------

ちなみに、先の日記に、「怒りの日(Dies irae)は、頭がかぱっと割れるようだ」と
書いて怖がらせてしまいましたが(iraさん、ごめんなさいm(_ _)m)、
You Tubeに、最初の部分だけ動画を見つけたので、ご参考までに
ご覧ください。かぱっと・・・ってニュアンス、伝わるかも?!

You Tubeへ

------------------------
[PR]
by hamu_totoro | 2008-07-09 09:10 | うた | Comments(4)

ヴェルレク本番!

今日、18時30分から杉並公会堂でヴェルディのレクイエムを歌ってきます。

二月から今日まで、土日フルで歌ってきた日々も、今日で一段落つきます。

週末、合唱ざんまいの妻を快く送り出してくれた、はむ夫に改めて感謝です!

CMやエヴァンゲリオンで使われたことで有名な、ヴェルレクの怒りの日(Dies-irae)。
歌っていると頭がかぱっと割れるだけでなく、何かが飛び出そうな勢いです(爆)。

アルトの鬼門は最終曲、リベラメ。
体力もちますように!うまく歌えますように!

今回、ソリストの部分も訳を書いていて、
レクイエムは畏れと追悼だけでなく、生命の再生を願う祈りの歌なんだ、と
改めて気付きました。

この世に廻り廻る命を感じつつ、歌ってきます!
聴きにきてくれる皆々様に祈りが届きますように!
[PR]
by hamu_totoro | 2008-07-06 13:31 | はむの日常 | Comments(6)


パンやお菓子作り、畑仕事、陶芸、うたの楽しみを綴っています。作業療法士。たまにお仕事(精神障がいの方の支援)の話も。 ※日記に関係のないコメントやトラックバックは 削除させていただきます。


by hamu_totoro

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ

ブログパーツ

link

お気に入りブログ

日々是日記 - リターンズ -
montblanc / ...
ご飯と器
ほっとひと息
おとなは、だれも、はじめ...
Cafe Eight キ...
Cafe8センム日記
花屋&Cafeの話
土あそび
作陶日記 - つぐみ製陶...
happy days -...
ばーさんがじーさんに作る食卓
*花伝書*
ぱくぱくスタジオのパンダ日記
Kie*ものもの画帖
銀座 月光荘画材店
田中農園・ぺトラン 
The Lark Asc...
うつわやの、箸の上げ下げ
カオリラックスのリラック...
uto-uto to t...
代官山だより♪
お花いろいろ・レザンジュ...
ぴるりの気ままに日記
PURE CAFE
家事も仕事もぼちぼちと
Baking Diary
tsubomi.
K's Sweet Ki...
楽子の小さなことが楽しい毎日
Pure food li...
Psalm of The...
ばら屋さんのフラワーレシピ
hana* blog
My*Simple*Style
おうちを買おう
skippy's home
My slowlife ...
土遊布・どうゆうふう???
Eightablish
陶芸家・大江一人 『ロク...
代官山の手芸店 Merc...
おべんとう日記vol.2
いつか晴れた日に
ル・ポタジェ
Mis favoritos
カンタとハンナ
うつわノート
room 153+++
ユニオンスクエアの窯 ☆...
おかゆのきまぐれにっき
カエルのはんこ工房
Natural Life
natural life...
by the beach
vege dining ...
ブレーメン通信
ひろぽんのつぶやき
coupe-feti
JIM-NETニュース
O・ha・na・shi日...
YPSILONの台所 Ⅱ
えいえもん日記
新潟生活
粉もん☆マニア
Content S.K
糀 料 理 研 究 室 ...
アイシングクッキー&シュ...
召しませ!
『しかくいうつわ展』
ki-to-te直売所・...
おいしいおいしい うまいうまい
池田大介 器と余白

以前の記事

2016年 02月
2014年 10月
2014年 09月
more...

カテゴリ

はじめまして。
プロフィール
はむの日常
うた
手ごねパン
陶芸
手作りのもの
友部
築地・月島
作業療法
ハーブ園
忘れずにいたいこと

最新のトラックバック

料理写真教室☆大盛況!あ..
from お菓子教室&食育コミュニティ..
掲載、ありがとうございま..
from 「お散歩すとあ」店長のひとり..
写真展に行ってきました(..
from ● ほんとの「豊かな生活」を..
花緑「も」だいすきです
from 落語だいすき!
ホワイトデー
from hachilog2.0

検索

ライフログ


東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~


ベビーブック―もの、こと、おはなし


「たからもの」って何ですか


バッテリー


イントロデューシング


ブラバン!甲子園


京都のお酢屋のお酢レシピ (アスキームック)


赤毛のアンの手作り絵本〈2〉青春編

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

パン
料理・レシピ

画像一覧