<   2008年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

バナナケーキを持って、友部へ。

c0017505_20233981.jpg

今週末は、稲刈りの準備で、友部に行ってきます!

たんぼの回りの草刈りなどをする予定ですが、お天気がどうかな~。
そもそも、穂が出たばかりの稲が、昨日の豪雨で倒れていないことを祈るばかりです。
無事に稲刈りまでこぎつけられますように!!

我が家に完熟バナナが二本あったので、お土産にバナナケーキを焼きました。
明日、友部に行くみなさま、お楽しみに~☆
[PR]
by hamu_totoro | 2008-08-29 20:23 | はむの日常 | Comments(2)

抹茶ババロア@紀の善

c0017505_18424329.jpg

友部の稲刈りの打ち合せに、飯田橋にきました☆

飯田橋、神楽坂下といえば、紀の善!
これから飲みつつ打ち合せなので、白玉でなく抹茶ババロアを☆

やっぱり我慢できませんでした~。誕生日月だし、お許しを~(→はむ夫さま)
[PR]
by hamu_totoro | 2008-08-27 18:42 | はむの日常 | Comments(2)

お洗濯日和

c0017505_13152813.jpg

今日はすっきり晴れましたね!
お布団や枕を干し、洗濯機を二回まわして、シーツやタオルケットも洗えてすっきり(^O^)/

私のやる気は、どうもお天気に大きく左右されるみたいです。
偏頭痛があるのは、たいてい低気圧が迫っているときだし、、、。
まあ、できない日があるから、できる日は嬉しいのよね☆
おひさまに感謝です。

朝のウォーキングに出かけると、雨の日は姿がちらほらしか見えなかったカルガモたちも、虫干しなのか、たくさんいました(=写真)。

朝早いほうが、カルガモの子供たちに会える確率が高い気がします。
つい一週間前まで黄色い羽だったのに、今朝みたら、もう薄茶色い羽に生え変わっていました。
子供の成長は早いのね~。
(子ガモを守るように親ガモがいるので、こちらは写真を撮りませんでした。)

今日は夕方からおでかけです。ではでは、また!
[PR]
by hamu_totoro | 2008-08-27 13:15 | はむの日常 | Comments(0)

せせらぎを聴きながら

c0017505_1623531.jpg

このところ、めっきり涼しくなりましたね。
朝など、肌寒くて目が覚めるくらい。風邪に気を付けなくては。

今日も雨が降ったり止んだり、洗濯物が乾きづらいです。
暑ければ暑いでしんどいですが、ファ●リーズのCMのように家中が洗濯物というシチュエーションも、気が滅入ります。

このところ、雨のせいにしてお休みにしていたウォーキングに、今日は気分転換がてら、傘をさして行ってきました。

雨なので、人気もなく、しんとしていました。
鯉が泳ぐ音や、カルガモが身づくろいする音を聞きながら、一時間歩いてきました。

着替えてハーブティを飲み、すっきり。

一日うちに閉じこもっていると息がつまりがちなので、ちょうどよい運動になりました。

飽きっぽい私ですが、これが細々と続けられるといいんだけど、ねえ(;^_^A
[PR]
by hamu_totoro | 2008-08-26 16:23 | はむの日常 | Comments(0)

みそひともじ

に、なりました。

今年は、ごはんと器の組み合わせや、盛り付けを少し学びつつ、
暮らしを楽しんでいきたいなあと思います。

何事も楽しみつつ、ね!

これからも、どうぞよろしくお願いします(^O^)/
[PR]
by hamu_totoro | 2008-08-24 23:13 | はむの日常 | Comments(6)

近況&コロンバージュ@品川

無事に引越しを終えました!
片付けはまだまだ残っていますが、生活が回り始めたので、
少しホッとしています。

毎朝、はむ夫を送り出したあと、家の近くの川に沿って
ウオーキングを始めました。

川沿いには季節の花が咲き乱れ、
川には鯉やあめんぼ、かるがもの親子などがいます。
朝早いと、小さくて黄色いかるがもの子たちが肩を寄せ合って寝ていて、
とっても可愛い。
歩くだけで、和んだ気分になります。

往復1時間くらいなので、なかなかいい運動になります。
帰ってから洗濯物を干し、掃除をすると、疲れて眠くなってしまうくらい・・・
毎日続けていれば、疲れもだんだんなくなってくるかな。

さて、今日は、KOメディアコムのゼミの友人と、
品川のコロンバージュというフレンチのお店で、ランチの会をしてきました。

転職し、仕事をバリバリ続けている友人たちの話や、
二人の子育てで頑張っている友人のお話を聞いていると、
私も、また何か目標をたてて、それに向かって頑張らなくちゃなぁ、と思いました。

あ、頑張りすぎず、楽しめる範囲でね。うん。

みんな、悩んだり迷ったりいろいろあるけれど、
目がキラキラしてて、いい顔をしていました!
大石ゼミのみんな、いつもパワーをありがとう!

ちなみに明日は私の○○才(みそひともじ・・・)なので、
前日のお祝いをしてもらいました。
どうもありがとう!
c0017505_2062248.jpg

[PR]
by hamu_totoro | 2008-08-23 19:51 | はむの日常 | Comments(6)

新潟レポート続き:笹団子づくりと信濃川登り(その2)

◆◆◆ご連絡◆◆◆
#いよいよ、明日、あさってと2日間掛けて引越しします。
#ネット環境が整うまで、お返事など遅れてしまうかと思いますが、
#どうぞよろしくお願い申し上げます。


では、笹団子づくりの続きをどうぞ・・・↓
------------------------------------
さぁ、お団子を笹に包んだら、い草で葉を巻いていきます。
い草は、畳の表側に使われているもの。
家庭で作るときは、畳屋さんに行くと分けてもらえるようです。

今回教えていただいたのは、横しばりという方法でした。
イグサで両端を結び、中央をウエストのようにきゅっと締めていく方法です。

c0017505_17142047.jpg
大人の私たちでも、先生に巻き方の説明をしてもらったのに、「あれ?このあとどうやるんだっけ?」と混乱してしまうのですから、5歳のMちゃんはもっと大変・・・。

でも、先生が優しく教えてくださって、Mちゃん、真剣に結んでいました。


c0017505_17195442.jpg
天才結び屋?のMさんは、あっという間に10個のお団子を完成させていましたねー。
先生の説明を何回か聞いて、すぐに巻き方を記憶してしまうのですから、Mさんすごいわ!(ホントに)

そして、悪戦苦闘しながら巻き巻きしている私たちを、たくさん激写してくれました(苦笑)
いやー、巻くのってこんなに手間がかかっていたのね。次からは、大事に大事に笹団子を頂こうね・・・などと話しながら巻いていきました。


巻いている間、先生がお話してくださったことで印象的だったのは、
「いまの子供たちは、”結ぶ”という作業が苦手な子が多いんですよね・・・」
というお話でした。

小学校の社会科見学や、PTAの企画などで、こちらの笹団子講座に参加する子供が
一番苦戦するのが、笹団子をい草で巻き、結ぶ工程なんだそうです。

確かに子供の頃は、手先を使った作業が苦手だから、靴の紐を結んだり、
リボン結びにするのはお母さんに手伝ってもらったりしましたが、
今の子供さんたちは、家庭でもほとんど”結ぶ”作業を経験しないんだとか。

船に乗る人は”○○結び”などと、ほどけない結び方をたくさん学ぶ、
というのを聞いたことがありますが(提督様、そうでしょうか?!)、
自分も、”結ぶ”という作業をもう少し学んで、次の世代につなげていきたいな・・・などと
先生のお話を伺いながら思いました。

c0017505_173844100.jpg
さぁ、結び終わったら5個ずつ束ねて結び、さらに一つにまとめて結びます。


c0017505_17483992.jpg
お団子10個を一つにまとめたら、余った「い草」を切り、他の人のものと間違わないように、名前を書いたシールを貼ります。


c0017505_1752213.jpg
あらかじめ準備しておいてもらった蒸し器に笹団子を入れ、20分蒸します。


蒸している間は、先生に自由に質問するコーナー。
「先生!なんで笹の葉を使うようになったんですか?!」
といった質問を、小学生に負けずにたくさん聞いてきました(笑)

ちなみに、笹の葉は抗菌作用があること、丈夫なこと、い草で巻いて携帯しやすいこと、
庶民でも手に入りやすかったこと・・・などなど、いろいろな理由から使われるように
なったようです、ということでした。
抗菌作用はかなりのもので、笹の葉で包んで蒸すだけで滅菌作用があるそうです。

笹団子の詳しい情報は、田中屋さんの「笹団子物語」をご覧ください♪

c0017505_180981.jpg
そうこうしているうちに、笹団子が蒸しあがりました!!!

蒸し器から出したてで、湯気が立ち上っています。


c0017505_1871662.jpg
ここでMさんの奥様、Hさんも合流し、みんな「すごい!早く味見したい!」と大興奮♪♪♪

ちなみに、ところどころで、「ああっ!お団子がはみ出してる!」「俺の、あんこが出てる~!」と嘆く声も上がりました。
不恰好なお団子もまた、手作りの醍醐味♪


c0017505_1884571.jpg
お待ちかねの試食タイムです♪

蒸したては、お団子がふわふわ~♪
お土産で買うのとは一味違う、柔らかさ!

あんこの爽やかな甘みとあいまって・・・


c0017505_1812366.jpg
「うううう~ん、まいうーーー♪♪♪」

笹団子LOVEのはむ夫、大満足です!

←私の中のベストショット賞(笑)


c0017505_1818276.jpg
味見を終えて、講座は終了。先生、ありがとうございました!

作ったお団子をお土産袋に入れてもらい、みんなニコニコ顔で1階に下りてくると、入店したときには少しだった笹団子が、たくさん置かれていました(写真下部)。

先生の話では、お店の人が笹団子を巻くスピードは、1分間に3個とか。
私たちが1個を巻くのに何分も掛けていたのを考えると、ものすごい速さ!熟練した技を感じました。


c0017505_18222710.jpg
田中屋さんを出た後は、鮭茶漬けで有名な新潟 加島屋さんで、特製ランチをいただきました♪
新潟は米も魚もうまい!素晴らしい!!!


c0017505_18294193.jpg
お昼ごはんのあと、信濃川を上る水上バスの乗船時間まで、NEXT21というビルに登って、新潟市内を俯瞰していました。

信濃川に沿って、たくさんマンションが並んでいる様子です。
遠くに見える白いドームは、「ビッグスワン」というサッカー場だそうです。

川を挟んでこちら側には、お寺も道に沿ってたくさん並んでいたりと、古きよき町並みという感じでした。


c0017505_1834032.jpg
水上バスがやってきました!
ここで、Mさんの奥様、Hさんにお見送りをしていただきました。
Hさん、本当に楽しい時間をありがとう!!!
また会おうね!!!


c0017505_1837451.jpg
水上バスは、新潟ふるさと村に向かって、ぐんぐん進んでいきます。

この日は、夏休みの小学生とそのご家族や、帰省客や観光客で船内は満席。
私たちは甲板で、風をびゅうびゅう受けながら、信濃川のぼりを楽しみました。
甲板はエンジン音が「ゴウゴウゴウゴウ!」ととても大きく響いていて、会話も大声でしないとだめでした(苦笑)


c0017505_18405643.jpg
川風を受けながら、ビールを楽しむ我が夫(ご満悦♪笑)。

彼、「気持ちええなぁ・・・」と、手すりにもたれて川を眺めながら、うとうとしていたようで。
友人Tさんに止められなければ、あやうく、信濃川に落ちるところでした。
(落としてやればいい思い出になった・・・のかしら?!苦笑)


水上バスから下船したあと、車で先回りしてくれていたMさんと合流し、
ふるさと村でお土産を買い込んで新潟駅に向かいました。

-----------------------------------------------------------

Mさん、観光プランをたててくれて、暑い中、縦横無尽に走り回ってくれて本当にありがとう!
車中での会話でたくさん笑わせてもらいました。ホント、天才だから、貴方!(笑)

Hさん、情報をたくさん集めてくれて、お茶など車に積んでおいてくれたり、自転車で駆け回って
サポートしてくれて、ホントにどうもありがとう!
貴女の優しい心遣いに、私たちのハート、ぐっとつかまれちゃいました♪また会いにいくね!

Tさん、Mちゃん、アイデアをたくさん出してくれて、楽しい笑顔をたくさん見せてくれて、
本当にありがとう!Mちゃんのキュートなしぐさに、私もはむ夫も釘付けでした♪
次はステキな夕日が拝めますように、また会いにいくね!
[PR]
by hamu_totoro | 2008-08-11 17:38 | 忘れずにいたいこと | Comments(4)

新潟レポート2日目:笹団子づくりと信濃川登り(その1)

新潟2日目の朝は、快晴♪
前日にもまして暑くなりそうな予感。
c0017505_11105468.jpg
駅前で朝ごはんを食べた後、駅ビル地下の本屋さんで「にいがたのおかず」という郷土料理の本を買いました。

旅先で、地元の本屋さんをうろうろするのが好きです。
京都に行ったとき「おばんざいの本」を手に入れて、その後料理の幅が広がったので、今回もそれを期待して☆


c0017505_1115296.jpg
本日のメインイベントその1は、笹団子づくりです♪

Mさん、Tさん、Tさんの娘さんのMちゃんと我が家の5人で参加しました。


旅をすると、何かと「地元の体験モノ」をしたがる私。
(絵ろうそく作ったり、鮭獲ったり、芋掘ったり・・・記者魂の名残かしら?)

また、笹団子は、はむ夫の大好物。
「笹団子作り」は、そんな我が家のリクエストに見事に応えたナイスチョイス!
Mさん手配ありがとう!

c0017505_13124364.jpg
田中屋さんは、昭和6年創業の、和菓子の老舗。

可愛らしい「越後娘」のパッケージに入った笹団子を、お土産に求める方が多くおられます。
(画像は田中屋さんのHPからお借りしました)


c0017505_1122331.jpg
本店では、みたらしだんごやぼた餅、オリジナルのスイーツもおやつに食べられます。


c0017505_11291730.jpg
店内では、笹団子を包む様子を見学することができます。


この「包む」作業、以前、ある企業が機械化をすすめようとしたのですが、断念したのだそう。

それは、
1)自然の産物である笹の葉の大きさを判断して、団子を包む枚数を決めなくてはならない
(今回は大き目のよい葉を用意してもらいましたが、葉が小さいときは枚数を増やして
包む必要があります)、
2)ひも掛けを適度な強さで行う必要がある(団子がつぶれないように)など、
人間の柔軟な判断による作業が多く、これを機械化するためのコストがかかりすぎるため、
今でも、包む作業だけは人の手で行っているそうです。

人の手が生み出す作業の素晴らしさ、判断力の見事さに、ここでも感動しました・・・☆

c0017505_129944.jpg
店内は吹き抜けになっていて、明るい雰囲気!

1階が団子やお菓子の製造部門、2階がイートインスペースになっています。

1階で注文したおやつを自分で2階に持って上がり、思い思いに食べられるのが、気軽な雰囲気をかもしだしていました。


c0017505_1213255.jpg
さて、いよいよ笹団子づくりです!
2階のイートインスペースの一角を使って、講座が開かれました♪

分量をちゃんと書いておいてくれるのが嬉しかったです。
(とはいえ、自宅でもう一度再現するには、なかなか根気がいりますが・・・)


c0017505_1216139.jpg
まずは、もち粉、上新粉、砂糖、トレハロース(団子生地の保水性と日持ちを高める、天然の糖質)によもぎを入れ、水を少しずつ加えながらこねていきます。

こねる時間は20分!
最初は「えっ!」と声を上げたはむ夫ですが、美味しい笹団子を作るため、頑張りました!


c0017505_12263454.jpg
緑色のよもぎと、白い粉がまだら模様だったのが、こねるうちに、だんだん均一の緑色になってきました。
耳たぶくらいの柔らかさを保ちながら、まだまだこねます。

Mちゃんも、小さなお手手でぎゅっ、ぎゅっと、しっかりこねられましたよ♪


c0017505_12311320.jpg
こねあがったら、4等分にします。


c0017505_12345188.jpg
団子の生地がすっかり綺麗な緑色になって、つやが出ているのが分かるでしょうか?

あんこは、あらかじめお店が用意しておいてくれました。
つぶあんで、とっても爽やかな甘みでした!これなら何個でもいけちゃいます~♪
(も、もちろん完成したあとの感想ですよ・・・念のため!^▽^;)


c0017505_1235231.jpg
団子の生地とあんこをそれぞれ10等分にし、丸めます。

作業療法士の学生時代、保育園実習で、子供たちがお砂場で上手に砂団子を作っていたのを思い出しました。小さなお手手で、つやつやのまんまるな砂団子ができるのが、なんとも不思議に思えたものです。
大人になると、どうして綺麗なまんまるにならないんだろうね(^^)


c0017505_12433277.jpg
団子の生地を手のひらに載せ、パン!と叩いて伸ばします。
このとき、生地の真ん中は厚めにしておき、周辺を延ばしておくのがポイント。

あんこを生地の中央に載せ、厚めにしておいた真ん中の生地を伸ばしながら、あんこを包んでゆきます。


c0017505_12471623.jpg
とじぐちをきゅっとひねり、まんまるにしてお団子のできあがり。


c0017505_12495892.jpg
仕上げに、サラダオイルをほんの少し手にとって、お団子になじませます。
これは、笹から団子の身離れを良くするためだそう。

つやつや、つるピカなお肌!のお団子、これだけでも美味しそうでした☆


c0017505_12551458.jpg
さぁ、ここからが大変なのです~!

笹の葉を、葉元を上にして2枚、少しずらして重ねて持ち、団子を載せます。

笹の葉をもう1枚とり、葉元を下にして団子の上に重ねます。

キャンディのように、上下をひねって団子を包みます。



とても長くなってしまったので、続きます!
[PR]
by hamu_totoro | 2008-08-08 11:37 | 忘れずにいたいこと | Comments(6)

新潟レポート1日目:酒造見学と日本海の夕日を観に。

新潟は涼しいのかな~、と思って行きましたが、先週末はすごく暑かったです。
でも、はむ夫の友人Mさんが車を出してくれたので、快適に見て回ることができました。
とても暑かったので、本当に助かった!Mさん、ありがとうございました。

Mさんをはじめ、奥様のHさん、友人Tさんが、私たちのリクエストと情報をかき集めて
ステキな新潟満喫ツアーを組んでくれました!

1日目は、美味しいお昼ご飯を頂いたのち、酒造見学→信濃川沿いに散歩→日本海の夕日ツアー→美味しい日本酒をたんまり呑みながら夕飯、というスケジュールでした。

c0017505_10401913.jpg
冷やした茶碗蒸しには、じゅんさいや、カニが入って、ちゅるちゅるして美味しかった♪

イカ刺しも、プリプリしていて、とっても新鮮!

あと「のっぺ汁」という、根菜やきのこが沢山入った鮭のおつゆ(郷土料理)が、と~っても美味でした。

鮭は炊き込みご飯にもたっぷり入っていました。
新潟は本当に、お米もお水もお魚も美味しくて、豊かなところだなぁ・・・。


美味しいものに目がない私は、しっかり「にいがたのおかず」という、郷土料理の作り方の本を
ゲットしてきました~☆
「のっぺ汁」をはじめ、我が家のレパートリーを、また増やしたいと思います♪

c0017505_10461886.jpg
市島酒造の酒蔵を見学させてもらいました。

昔、米と米こうじを仕込んだ昔の酒樽。大きい!

杉玉が造り酒屋さんの店先に飾られているのを目にしますが、緑は「新酒ができました」の印なんだとか。(搾り始めました、のサイン)
時間がたつにつれて杉が色褪せ、杉玉が茶色になっていくと共に、酒の熟成も進んでいくのだそうです。


なぜ杉なのか?というのも調べてみましたが、wikiには
「スギの葉は酒の腐敗をなおすからスギの葉をつるすという説もある」
とありました。もともとは、神様への感謝を表していたようです。

c0017505_11281.jpg
酒を搾っていた搾り機。

写真中央下から、原酒(搾りたてで、水を加えていないもの)が搾り出されます。


c0017505_1110111.jpg
できたお酒をタンクに保存しておき、瓶詰めするライン。

秋に新米を収穫し、冬に仕込み、春に搾る。
夏は瓶詰めし、出荷のみなんだそうです。

お米と共にお酒の季節は巡るのだなぁ、と、実感したのは初めて。。。


友部で、カタチばかりではありますが田んぼの草刈りを手伝わせてもらったり、
お米を育て、脱穀したりした時間があったから、実感できたのだと思います。
できあがった日本酒だけ呑んでいたら、気づかなかったと思います。

蔵見学ののち、市島酒造でも試飲させてもらう機会がありました。
とはいえ、まだ新潟に来たばかりなので、買いたい気持ちをぐぐっとこらえ、
酒造オリジナル手ぬぐいだけ買って(マニアックですね・・・私)、次の場所へ。

c0017505_1120273.jpg
信濃川沿いを散歩しました。
川沿いはとても開けていて、さながら「ウォーターフロンティア」。
大きなマンションが川沿いに沢山建設されていて、びっくりしました。
最初は隅田川沿いみたい、とも思いましたが、緑の芝生が川沿いに広がっていて、やはり規模が違うなぁ~!と感動しました。


c0017505_11245874.jpg
河口付近でひときわ目立つ、朱鷺メッセ。
空がきれいですね!


c0017505_11275470.jpg
お散歩のあと、Mさん宅にお邪魔し、お酒をいただきました♪♪♪
Mさんのご実家が作られているお酒、「越乃梅里」。
大吟醸、初めて飲みました!!!
う、う、う、うまーい!!!\(≧▽≦)/

また、ラベルの貼っていないビンに入っていた「原酒」を口にしたとたん、お米の豊かな風味がふわぁっと広がるのを感じました!
美味しいお酒は、美味しいお米があってこそできるのだなぁと思いました。


越乃梅里は、ネットでも購入できますので、是非見てみてくださいね♪

この後、チャリンコで日本海まで夕日を見に行くので、酔っ払いになるほどは
呑みませんでしたよう・・・。笑
でも、楽しいお話と美味しいお酒を頂いているうちに、夕日のことを忘れかけましたが(苦笑)

日没まであと45分!というところで、急いでMさん宅を出ました。

c0017505_11345970.jpg
新潟市内には「にいがたレンタサイクル」というシステムがあり、自転車を借りて市内を走ることができます。

風をきって走れるので、とっても気持ちがよかった!

町を抜け、坂をのぼり、日本海に出ました!


c0017505_1139298.jpg
夕日を待つ、はむ夫。
カッコつけてる?(笑)

彼は新潟市は3回目なんだそうですが、まだ一度も日本海に沈む夕日を拝んだことが無く、今回もリベンジしたがっておりました・・・。


c0017505_1143172.jpg
しかし、夕方から雲が出ており、この日はとうとう夕日を拝めず。

(後日談:私たちが帰った次の日には。素晴らしい夕日が拝めたそうです・・・笑)

はむ夫、またリベンジしに来なくちゃ、だね!!!


c0017505_1146032.jpg
夕日は拝めませんでしたが、夕焼けがとても美しく、マジックアワーを堪能しました。

完全に日が沈むと、沖の佐渡のほうにイカ釣り漁船の灯火がぽつぽつと光り始め、とても美しかったです。

今度は佐渡のほうにも行ってみたいな~☆


c0017505_11502686.jpg
そして、チャリで市内に戻り、美味しいお酒とごはんを堪能しました♪

Tさんの娘さんのMちゃんも加わり、いっそう楽しく♪賑やかに♪♪♪

私は「北雪」という新潟のお酒を冷でいただきましたが、辛口ですっきりしていて、まいうーでした♪

このところずっとお酒を節制していた私ですが、あんまり美味しくて、久しぶりに一合呑んじゃった♪♪♪うふふ~。


夜はふけ、帰り道。

宿泊先のホテルに向かうバスに揺られながら、
「はむ夫と出会わなかったら、Mさん、Hさん、Tさん、そしてTさんの娘さんMちゃんとも
出会うことはなかったのだなぁ・・・☆」と、心の底から幸せを感じていました。

Mさん、Hさん、Tさん、Mちゃんとの出会いに、本当に本当に感謝です!

2日目、笹団子作り教室→信濃川登りにつづきます。
(ガンバリマス!)
[PR]
by hamu_totoro | 2008-08-05 12:08 | 忘れずにいたいこと | Comments(2)

日本海の夕焼け

c0017505_18264769.jpg

この土日は、はむ夫の友人に会いに、新潟に行っていました!

笹団子づくりをしたり、刺身とともに日本酒をたんまり呑んだり、、、。

日中は晴天でしたが、夕方からあいにく雲がでて夕日は観られず。

でも、日本海を目の前に、夕焼け空とマジックアワーを満喫しました!

いま新幹線で東京に向かっています。

コメント頂いているのに、お返事遅れてしまってごめんなさい。

明日お返事させてください。よろしくお願いします!
[PR]
by hamu_totoro | 2008-08-03 18:26 | はむの日常 | Comments(4)


パンやお菓子作り、畑仕事、陶芸、うたの楽しみを綴っています。作業療法士。たまにお仕事(精神障がいの方の支援)の話も。 ※日記に関係のないコメントやトラックバックは 削除させていただきます。


by hamu_totoro

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ

ブログパーツ

link

お気に入りブログ

日々是日記 - リターンズ -
montblanc / ...
ご飯と器
おとなは、だれも、はじめ...
Cafe Eight キ...
Cafe8センム日記
花屋&Cafeの話
土あそび
作陶日記 - つぐみ製陶...
happy days -...
ばーさんがじーさんに作る食卓
*花伝書*
ぱくぱくスタジオのパンダ日記
Kie*ものもの画帖
銀座 月光荘画材店
田中農園・ぺトラン 
The Lark Asc...
うつわやの、箸の上げ下げ
カオリラックスのリラック...
uto-uto to t...
代官山だより♪
お花いろいろ・レザンジュ...
ぴるりの気ままに日記
PURE CAFE
家事も仕事もぼちぼちと
Baking Diary
tsubomi.
K's Sweet Ki...
楽子の小さなことが楽しい毎日
Pure food li...
Psalm of The...
ばら屋さんのフラワーレシピ
hana* blog
My*Simple*Style
おうちを買おう
skippy's home
My slowlife ...
土遊布・どうゆうふう???
Eightablish
陶芸家・大江一人 『ロク...
代官山の手芸店 Merc...
おべんとう日記vol.2
いつか晴れた日に
ル・ポタジェ
Mis favoritos
カンタとハンナ
うつわノート
room 153+++
ユニオンスクエアの窯 ☆...
おかゆのきまぐれにっき
カエルのはんこ工房
Natural Life
natural life...
by the beach
vege dining ...
ブレーメン通信
ひろぽんのつぶやき
coupe-feti
JIM-NETニュース
O・ha・na・shi日...
YPSILONの台所 Ⅱ
えいえもん日記
新潟生活
粉もん☆マニア
Content S.K
糀 料 理 研 究 室 ...
アイシングクッキー&シュ...
召しませ!
『しかくいうつわ展』
ki-to-te・店番の日々。
おいしいおいしい うまいうまい
池田大介 器と余白

以前の記事

2016年 02月
2014年 10月
2014年 09月
more...

カテゴリ

はじめまして。
プロフィール
はむの日常
うた
手ごねパン
陶芸
手作りのもの
友部
築地・月島
作業療法
ハーブ園
忘れずにいたいこと

最新のトラックバック

料理写真教室☆大盛況!あ..
from お菓子教室&食育コミュニティ..
掲載、ありがとうございま..
from 「お散歩すとあ」店長のひとり..
写真展に行ってきました(..
from ● ほんとの「豊かな生活」を..
花緑「も」だいすきです
from 落語だいすき!
ホワイトデー
from hachilog2.0

検索

ライフログ


東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~


ベビーブック―もの、こと、おはなし


「たからもの」って何ですか


バッテリー


イントロデューシング


ブラバン!甲子園


京都のお酢屋のお酢レシピ (アスキームック)


赤毛のアンの手作り絵本〈2〉青春編

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

パン
料理・レシピ

画像一覧