タグ:ごはん ( 78 ) タグの人気記事

【戴きもの】ウィークエンド・シトロン

先週、友部仲間のHちゃんとYさんが、我が家に遊びに来てくれました。
Yさんは美味しいパンをたくさん差し入れてくれ、
Hちゃんは当日朝にお菓子教室で作ったウィークエンド・シトロンを持ってきてくれました。
わーい!
c0017505_14372015.jpg

ランチは赤いんげん豆とトマトのスープ、ゴマ食パン、サラダを少しずつ。
また、手作り豚まんを蒸籠で蒸し直してお出ししました。

その後、シトロンを持って、もとえ珈琲さんへ♪
ケーキに合う珈琲をお願いしたら、ケニアのイルガチェフェ(シティロースト)が出てきました。
レモンの薫りたっぷりのシトロンに、これがまた、良く合いました!
さすがのチョイス。
はむ夫にケーキを半分とっておいてあげようと思ったのもどこへやら、
珈琲とケーキの相性がすばらしすぎて、ペロッと完食(笑)
サーブしてくれたお皿も、すてきだった~☆
c0017505_14372080.jpg

話も弾み、気が付いたら日が暮れていました。
楽しい時間をいつもありがとう!!

Hちゃんは、旦那さまのお仕事で近々渡米することが決まっています。
おだやかな、でも芯の強い彼女なら、環境が変わっても、ゆっくりと、
伸びやかに過ごせそうな気がしてなりません。

友部仲間は実の家族以上に頻繁にお会いしているので、
まさに家族が旅立つようで寂しいのですが、
またアメリカで会えるのを楽しみにしているよ~!!
[PR]
by hamu_totoro | 2014-01-21 14:37 | はむの日常 | Comments(2)

友部de餅つき大会&クリスマス2013(その2)

日が暮れるころには、クリスマス会の準備が佳境を迎えていました。
大きなクリスマスチキン2羽は、ダッチオーブンへIN!
c0017505_2254949.jpg

そんな中、最近結婚したカップルをサプライズでお祝いすることに!
Sパパが焼いたシフォンケーキを、子供たちが可愛くデコレーションしてくれました。
いちごたっぷり、そしてアポロが可愛い!チョコレートプレートも、Sパパの力作!
c0017505_21383260.jpg

仲良くケーキ入刀して頂きました♪Sくん、Sちゃん、おめでとう♪♪♪
c0017505_224562.jpg

ほどなくして、ダッチオーブンに入れていたチキンも焼きあがりました!
テーブルいっぱいにご馳走が並び、今年も壮観な眺め。
思わず小さな手がにょっきり出ているのもご愛嬌w
友部deクリスマス会2013の始まりです!
c0017505_21423958.jpg

私はリースパンを焼いて持っていきました♪
ラム酒漬けのフルーツがたっぷり入っています。アイシングでおめかし♪
Hちゃんが焼いてきたクッキーを載せて。ありがとう♪
c0017505_21503087.jpg

小学3年生のSくんが、夏休みの宿題で作った「きょうりゅうサッカー」の
紙芝居をしてくれました。コンクールに見事入賞した力作です!
c0017505_2154755.jpg

最後にほんわか、あったかい気持ちになる、楽しい紙芝居でした。
Sくんありがとう♪

今回を節目に卒業する家族、お仕事で渡米することになった家族もいて、
来年からの友部の活動はまた、新しい局面が見えてきそうです。

ミスター、Mさん、ぎーぎーちゃん、Hちゃん。
また皆で楽しく笑いながらおしゃべりする機会を、心待ちにしています。
たくさんのありがとうを込めて。また会おうね!
[PR]
by hamu_totoro | 2013-12-29 21:59 | 友部 | Comments(0)

飯尾醸造さんその後:愛子おばあちゃんの万願寺とうがらし

夏休みのお酢蔵見学から、はや一か月。
お酢蔵から戴いてきた紅芋酢を、毎朝大さじ一杯、炭酸水で薄めて
二人そろって飲み続けています。
もともと寝起きの悪い私ですが、心なしか、目覚めが良くなってきた気がします。
お腹周りがすっきりするまで続けてみよう~w

そんなわけで、あっという間に少なくなった紅芋酢を追加注文しました。
注文のさい、飯尾さんのお祖母様が畑で育てられている
京野菜の「万願寺とうがらし」プレゼント企画が開催されていたので、
一緒に応募させていただくことに。

わくわくしながら届いた箱を開けたら、紅芋酢に添えて、
瑞々しい万願寺とうがらしがどっさり入っていました♪♪
c0017505_1527320.jpg

お酢料理「万願寺とうがらしの炊いたん」のレシピも添えられていたので、
早速作ってみました。

ル・クルーゼの20センチお鍋いっぱいに入った万願寺とうがらしを
強めの火で水分を飛ばしてゆきます。
c0017505_15312064.jpg

しんなりしてきたら富士酢と調味料を加え、くたくたになるまでじっくり炊きあげました。
大江一人さんの備前焼に載せていただきました。
c0017505_15362086.jpg

甘長とうがらしを調理するとき、いつも種を取っているのですが、
今回はレシピ通り、種を取らずに調理してみました。
種のピリッとした辛味と、富士酢の甘みのあるコクが合わさって、
ご飯のおともにぴったり♪
一物すべてを戴くほうが美味しさも丸ごと頂けるんだなぁ、と知りました。

ピリ辛好きの夫が「これは美味い!ビールと一緒に食べたい!」と、
そそくさと缶ビールを持ってきたのは・・・大目に見ましょう(笑)

万願寺とうがらしに、お手紙が添えられていました。
お祖母様の愛子さん(御年89歳)が2年前、事故で大けがを負われたこと、
リハビリに励まれて、また畑でこの万願寺とうがらしを育てられるように
なったことが書かれていました。
ご回復され、また畑仕事ができるようになって、本当に良かった・・・。

暑いさなか、立派な万願寺とうがらしを収穫することだけでも難儀なこと。
このたびは私どもまでおすそ分け頂き、本当にありがとうございました。
お陰様で、大変美味しく戴きました。
愛子おばあさま、どうぞこれからもお元気で畑仕事を楽しまれますように!
ありがとうございました。
[PR]
by hamu_totoro | 2013-09-13 15:55 | 忘れずにいたいこと | Comments(2)

[手ごねパン]8月:ランチブレッド

8月のパン教室では、ランチブレッドを習いました。
ツナマヨコーン載せ。うまうま!
c0017505_14563123.jpg

先生お手製ランチは
・たっぷり玉ねぎとベーコンのキッシュ
・くるみソフトフランス
・かぼちゃの冷製ポタージュ
でした♪
c0017505_1456317.jpg

一般クラスで仲良くして戴いたMさんが、今回のレッスンを最後に転居されるので、特別に
・白桃のフローズンヨーグルト
のデザートも付けて戴きました。
c0017505_14563153.jpg

私がパン教室に通い出して、初めてできたお友達がMさんでした。
私はいろいろあって、御近所付き合いをそれまでほとんどしてこなかったのですが、Mさんとの出会いがきっかけで、少しずつご近所にお友達ができて。
ご近所付き合いの良いところを、思い出させてもらえた気がします。

人生に出会いと別れはつきもの。
物理的距離は離れてしまいますが、Mさん、これからも細く長く、よろしくお願いしますね。
[PR]
by hamu_totoro | 2013-09-07 14:56 | 手ごねパン | Comments(0)

蒸しもの愛が止まらない♪

お蒸籠を買ってから半月ほど。蒸しもの愛が止まりません(笑)

蒸し餃子。
酢醤油で戴きます。余分な脂が落ちて美味しい♪
c0017505_021116.jpg

先般のいちごジャムを煮ている横で(笑)、さつま芋と豚肉の重ね蒸し。
お芋を厚めに切ってしまったせいか、お肉が余ってしまったので、
真ん中にまんまる農園さんの株ねぎと合わせて蒸しました。
お肉に下味をつけているので、そのまま戴けます♪
c0017505_0241965.jpg

それぞれ、レシピはウーウェンさんの本を参考にしています。
重宝しています!

ウー・ウェンの蒸しおかず (ESSEの本)

ウー・ウェン / 扶桑社


一人分のご飯を温めたいとき、ついでに野菜も蒸しておくと、
次のご飯作りが楽になることを覚えました。
小かぶとサトイモは、このままシンプルに辛みそで戴いてもgood。
c0017505_0281723.jpg

ムシムシする季節がもうすぐやってきますが、
私の蒸しもの愛は、まだまだ冷めなさそうですw
[PR]
by hamu_totoro | 2013-05-15 07:18 | はむの日常 | Comments(4)

【手ごねパン】塩バターパン

先日、塩バターパンを習ってきました。
焼いてから食べるまでに、少し時間が空いてしまい・・・。
せっかくなので、夕ご飯に蒸して食べてみることにしました。
c0017505_1385668.jpg

蒸しあがりは肉まんみたいですがw、塩バターパンです。
国産小麦の、はるゆたか100%を使用。
もともともっちりと焼きあがりますが、蒸して温め直したことで、
さらにもっちり。塩気もよりクリアに感じるので、そのままで美味。
また、粉の旨味がより強く感じられるように思いました。
旨旨!
ツノが可愛い右のタイプは、チーズがゴロゴロ入っています♪
c0017505_13101618.jpg


レッスン当日、焼きたてはこんな感じ。6つ焼きあがります。
c0017505_13142669.jpg

お楽しみ、先生が焼いたパンの試食。
サーモンとクリームチーズのカスクートに、コーンスープを添えて。
c0017505_13162624.jpg

こんな美味しいパンが焼けるようになりたいなぁ!

今月も、ありがとうございました!
[PR]
by hamu_totoro | 2013-04-22 13:20 | 手ごねパン | Comments(0)

照宝さんのお蒸籠 *追記あり*

我が家の新しいキッチンメンバーが増えました。
お蒸籠です~。
c0017505_1501622.jpg

写真は、使用前の空蒸しをしたあとのもの。
購入時は、青竹の部分がもっと青々とした美しい色でした。
使うほどに、どんどん色が深まっていくようです。

お蒸籠の下に敷く蒸し板(アジャスター)も一緒に購入したので、
18センチ以上のお鍋なら、どんなお鍋でも蒸せるのが嬉しいところ。
この写真だと、けっこう大きいのが伝わるかしら。
どどーん。
c0017505_14364516.jpg

ここ数年、お友達宅で、お蒸籠で蒸したお野菜をご馳走になることが
何度かあり、その美味しさに、ず~っと憧れていました。
でも、我が家はモノがあふれていて整理できていなかったのと、
本当に使いこなせるか自信がなくて、ずっと心の片隅にしまっていました。

今回思い立ったのはなぜかというと。
先日、ブラウンカフェで美味しい蒸し野菜にまた出会ったことと、
最近、電子レンジでご飯やおかずを温めても、なぜだか
ちっとも美味しく感じなくなってしまったことが最大の理由でした。

ここ1年ほど地道に続けている家の片づけで、キッチンもだいぶ
モノが減ってすっきりしたので、蒸籠を置ける場所が確保できたことも
大きな理由。
友人から『お手入れは簡単だけど、なにしろ置く場所をとるよ~』と、
アドバイスをもらっていたので。

目的意識と場所が確保できれば、あとは選ぶのみだ!と意を決して、
先日、中華街に行ってきました。
目指すは、お蒸籠など中華料理器具の老舗「照宝」さん。
店構えはよく見ていましたが、今回初めてお店に入りました。
c0017505_1452346.jpg

まずはサイズの確認。
我が家の場合、蒸し料理だけでなく温めなおしにも使いたかったので、
組み合わせて使いそうな器(琺瑯タッパー1+ココット型2)を持参。
使う目的と、どのサイズならちゃんと入るか見てみたいと
店主さんに伝えて、一緒にチェックしてもらいながら選びました。

照宝さんのお蒸籠、24cmまではフタに高さがないそうで、
27cmからは高くなるとのこと。なるほど~。
27cmだと、予定している器が全てぴったり入るし、
蒸し料理にも十分なサイズと分かったので、これに決めました!

あとは、お蒸籠の素材。
素材は杉、竹、白木、ひのきなどがあり、グレードは6段階ほどある、
とのこと。

最初は、価格帯もそれほど高すぎない杉をイメージしていたのですが、
店主のお話では
1)ひのきは厚みがあることから、木の中まで水が入り込まず乾きやすい
2)乾きやすいので(杉や白木などに比べて)年月が経っても傷みにくい
3)初めて買ってこれから何年も使うのであれば、断然ひのきがおすすめ!
・・・とのこと。
お話を聞くほどに、杉よりもひのきが良さそう!と思い始めました。

杉とひのきを並べて比べてみると、作りの丈夫さや、素材の美しさ、
佇まいの美しさが全く違う。
モチロン、お値段の差も歴然としていますがw
香りもとても良かったので、これは使いたい!と思えました。
というわけで、ひのきのお蒸籠を連れて帰りました。
当初2段買うつもりでしたが、予算的に1段でガマンとなりましたww
また家族が増えたら買いに来よう!

その後、キッチンメンバーにお蒸籠が加わって1週間ほどになりますが、
自分でもびっくりするくらい、毎日使っています!

我が家は、朝にご飯を炊いて、夜にお冷ご飯を温めることがほとんど。
毎回、温めなおしたご飯の美味しさにビックリします。
湯気にひのきのよい香りがうっすらと感じられるのも、嬉しいおまけ。

また、お料理の下ごしらえにも使えることが分かってきました。
例えばご飯を温める時に玉ねぎを一緒に蒸して、ごま油と豆板醤と塩を
合わせてマリネしておくと、簡単副菜の出来上がり。
一品あると思うと、次のご飯作りの時、気が楽なのが嬉しいです♪

お手入れも、水気をさっとふき取って乾かしておけば大丈夫でした。
想像以上に乾くのが速く、手がかからないのがこれまた嬉しい。

これから、我が家でこのお蒸籠が育っていくのが楽しみでなりません。

↓こちらの、ウー・ウェンさんの本はとっても参考になります~!
玉ねぎのマリネのレシピも、この本から。

ウー・ウェンの蒸しおかず (ESSEの本)

ウー・ウェン / 扶桑社



*追記*
この日の中華街は観光客で大混雑。人酔いするほど(汗)。
照宝さんを辞したあと、そのまま帰ろうかと思いましたが
一休みしたくて、悟空TEA BARさんに立ち寄りました。
マグカップに入った茶葉に息を吹きかけながら飲むスタイル。
c0017505_1705856.jpg

ドライフルーツにも、大好きなさんざしが入っていて嬉しかった!
身体に沁み渡る美味しさでした。
さし湯がセルフサービスで何度もできるので、ゆっくり寛げました。
次は夫や友人たちを連れて来よう~♪(新潟のお二人、ぜひ!)
ごちそうさまでした。ありがとうございました!
[PR]
by hamu_totoro | 2013-04-19 15:46 | はむの日常 | Comments(4)

【友部】バジルソース(サルサ・ヴェルデ)

そういえば、バジルソースを作ったことを書いていませんでした。
友部の畑では、トマトの間にcompanion plantingのバジルを植えて
虫よけにしていたのですが、晩夏になってトマトが枯れてからも、
バジルは元気そのもの。
霜が降りるのが遅かったからでしょうか、10月終わりになっても
わっさわっさと葉を茂らせていたので、たくさん収穫させてもらいました。
フェンネルやザクロの実も、戴いてきたもの♪
c0017505_18524385.jpg

ケンタロウさんのレシピを参考に、パルメザンチーズと、
アメリカから一時帰国している友人からお土産に戴いた松の実を
たっぷり入れて、バジルソース(サルサ・ヴェルデ)を作りました。
c0017505_18515491.jpg

このソース、茹でたてのパスタやジャガイモに絡めてもおいしいですし、
鶏もも肉をじっくり焼いてから、仕上げに絡めてもおいしいです。
友部の畑で収穫した、赤ピーマンと一緒にソテーしました。
c0017505_18553654.jpg

きっと白ワインのほうが合いますが、たまたま赤ワインがあったので
一緒に。美味しく戴けました♪
ベーグルに生ハムとサンドしてもgood。よいソースです。

参考にしたのは『暮しの手帖別冊 自家製レシピ 秋冬編』です。

暮しの手帖別冊 自家製レシピ 秋冬編

暮しの手帖社


ケンタロウさんは事故に遭われ、現在も療養中との補足がありました。
ファンの一人として、ご快復を心から祈っています。
[PR]
by hamu_totoro | 2012-11-24 18:45 | 手作りのもの | Comments(2)

塩麹ナッツ

我が家はナッツ類が大好き。
お菓子作りにも重宝するので、素焼きのミックスナッツとくるみは常備品。

素焼きアーモンドとくるみに塩麹をまぶしてオーブンで焼き、
塩麹ナッツを作ってみました。
c0017505_20385974.jpg

こここ、こ、これは危険な美味しさ・・・!

はむ夫のおつまみにと思って作りましたが、手が伸びる、伸びる。
作り方はとっても簡単なのに、滋味深い味。
適度な塩気なので、ごはんも進んでしまいます。あわわ。

ハイカロリーだし、作り置きは危険だわ。
その都度、少しずつ作ろう・・・。

先日買ったムック本「暮らし上手の発酵食」に載っていたレシピで作りました。

暮らし上手の発酵食 (エイムック 2406)

エイ出版社



塩麹やお味噌など、発酵食好きの我が家にとっては、
こんな使い方もあったんだなぁと思うレシピもあり、
とても参考になっています。

表紙に写っている、自家製アンチョビのレシピに興味しんしん。
イワシ1キロという量にはびっくりですが、魚醤も取れるし、
うまく出来上がったら、はむ夫が小躍りして喜ぶことは確実。

いつか自家製アンチョビ、作ってみよう!
[PR]
by hamu_totoro | 2012-07-18 08:34 | 手作りのもの | Comments(0)

はむ夫の新じゃが

はむ夫がベランダで育てているジャガイモ(3鉢)のうち、
茎が折れて枯れてしまった1鉢分を収穫してくれました。
小さな新じゃがが、6個収穫できました。

さっそく、鶏ももの塩麹漬けと一緒に、皮ごと蒸し焼きにしました。
c0017505_19244470.jpg

あっという間にやわらかくなって、びっくり。
瑞々しく、でもねっとりした味わいで、とても美味しく戴きました。

はむ夫の家庭菜園力、年々アップしていてすごいなぁと思います。
ありがたや。
あと2鉢あるのが楽しみです~♪
[PR]
by hamu_totoro | 2012-07-17 19:28 | 手作りのもの | Comments(2)


パンやお菓子作り、畑仕事、陶芸、うたの楽しみを綴っています。作業療法士。たまにお仕事(精神障がいの方の支援)の話も。 ※日記に関係のないコメントやトラックバックは 削除させていただきます。


by hamu_totoro

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ

ブログパーツ

link

お気に入りブログ

日々是日記 - リターンズ -
montblanc / ...
ご飯と器
ほっとひと息
おとなは、だれも、はじめ...
Cafe Eight キ...
Cafe8センム日記
花屋&Cafeの話
土あそび
作陶日記 - つぐみ製陶...
happy days -...
ばーさんがじーさんに作る食卓
*花伝書*
ぱくぱくスタジオのパンダ日記
Kie*ものもの画帖
銀座 月光荘画材店
田中農園・ぺトラン 
The Lark Asc...
うつわやの、箸の上げ下げ
カオリラックスのリラック...
uto-uto to t...
代官山だより♪
お花いろいろ・レザンジュ...
ぴるりの気ままに日記
PURE CAFE
家事も仕事もぼちぼちと
Baking Diary
tsubomi.
K's Sweet Ki...
楽子の小さなことが楽しい毎日
Pure food li...
Psalm of The...
ばら屋さんのフラワーレシピ
hana* blog
My*Simple*Style
おうちを買おう
skippy's home
My slowlife ...
土遊布・どうゆうふう???
Eightablish
陶芸家・大江一人 『ロク...
代官山の手芸店 Merc...
おべんとう日記vol.2
いつか晴れた日に
ル・ポタジェ
Mis favoritos
カンタとハンナ
うつわノート
room 153+++
ユニオンスクエアの窯 ☆...
おかゆのきまぐれにっき
カエルのはんこ工房
Natural Life
natural life...
by the beach
vege dining ...
ブレーメン通信
ひろぽんのつぶやき
coupe-feti
JIM-NETニュース
O・ha・na・shi日...
YPSILONの台所 Ⅱ
えいえもん日記
新潟生活
粉もん☆マニア
Content S.K
糀 料 理 研 究 室 ...
アイシングクッキー&シュ...
召しませ!
『しかくいうつわ展』
ki-to-te直売所・...
おいしいおいしい うまいうまい
池田大介 器と余白

以前の記事

2016年 02月
2014年 10月
2014年 09月
more...

カテゴリ

はじめまして。
プロフィール
はむの日常
うた
手ごねパン
陶芸
手作りのもの
友部
築地・月島
作業療法
ハーブ園
忘れずにいたいこと

最新のトラックバック

料理写真教室☆大盛況!あ..
from お菓子教室&食育コミュニティ..
掲載、ありがとうございま..
from 「お散歩すとあ」店長のひとり..
写真展に行ってきました(..
from ● ほんとの「豊かな生活」を..
花緑「も」だいすきです
from 落語だいすき!
ホワイトデー
from hachilog2.0

検索

ライフログ


東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~


ベビーブック―もの、こと、おはなし


「たからもの」って何ですか


バッテリー


イントロデューシング


ブラバン!甲子園


京都のお酢屋のお酢レシピ (アスキームック)


赤毛のアンの手作り絵本〈2〉青春編

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

パン
料理・レシピ

画像一覧