タグ:手作り ( 231 ) タグの人気記事

セロリの葉っぱが余ったら・・・

セロリの葉っぱが余ったので、炒めご飯にしたときの様子です。
VEGEBOOKにもある、「セロリのフライドライス」です。

オリーブオイルを熱して、にんにくを炒め、冷たい玄米ご飯を炒めて、
刻んだセロリの葉っぱを入れ、塩コショウするだけ。
(私は隠し味に、つい、薄口醤油を入れてしまいます)
c0017505_10241089.jpg

水菜のひきわり納豆サラダ(酢醤油と、いりごまで味付けしました)、
まぐろの角煮、塩茹で緑豆と、一緒に頂きました。
ビールが飲めたらなぁ・・・と思った夕ご飯でした。
[PR]
by hamu_totoro | 2007-07-03 10:25 | はむの日常

陶芸日和

結局、金曜日に再度病院にかかり、1週間分の薬を処方してもらいました。
薬が効いているのか、今日はお腹の調子を崩さずにすみました。
このまま治ってくれるといいなー。

今日は夕方から、3週間ぶりの陶芸教室に行ってきました。
本当は金曜にいつも行っているのですが、他の曜日に振り替えも可能なのです。

陶灯(キャンドルカバー)ですが、仕上げ(やすりがけ)をしていなかったので
まだ焼きあがっていませんでした。

c0017505_2341982.jpg
横から見ると、こんな感じです。
穴あけは、ドリルのねじを使いました。指が痛くなった。
素焼きにしてみると、わりと穴が小さくなっていました。
薄すぎて、穴をあけるたびに強度が低下するといわれて
大きな穴をあけなかったのですが、混ぜてもよかったかも。


c0017505_2351978.jpg
上から見ると、こんな感じです。
天井に光が映るようにしました。
プラネタリウムの投影機みたいに
なるといいんだけど。


c0017505_2371743.jpg
もう一人、陶灯を作っている方がおられたので、
写真を撮らせてもらいました。
こちらのほうが、ベーシックなカタチかな。
お花が流れるようにデザインされていて、可愛い!


陶灯の仕上げをしたあとは、カフェオレボウルの高台付けをしました。
後づけで、水引きという手法を初めて教わりました。
電動ろくろで、水分たっぷりにして、手で形作っていくのと似ていましたが、難しいー。
一度ぐにゃりと曲がってしまい、やり直しました。
c0017505_23125725.jpg
さかさまにしたまま、後付けした高台を乾かしました。
もう少しくびれさせたかったけれど、
薄くて、くびれを付けるのが難しくなってしまい、
これくらいで。
また、乾かして素焼きすれば、違った感じになるかな。


久しぶりの陶芸教室でしたが、土を触ったり、人とお話しすると、元気をもらえると
改めて感じました。
来週の金曜日には、特別講座が開かれるそう。
予約をいれましたが、出られるといいな~。
[PR]
by hamu_totoro | 2007-06-23 23:21 | 陶芸

ズッキーニと豆乳のスープ

まんまる農園さんから、2週に一度の野菜が届きました。
春野菜が一区切りつき、今回はすっかり夏野菜になりました。
きゅうり、ズッキーニは、昨夏以来、口にします!(外食は除く)
ぬかみそも、きゅうりを久しぶりに包めて、喜んでいるように見えます♪
旬のありがたさを感じます。

とはいえ、まだ、げ・・・(以下自粛)が続いているのです・・・。
食後に、お腹が痛くなるのに困っています・・・。
生野菜はもちろん食べず、おかゆやうどんばかりで、
ずっと、火を通した、やわらかいものしか食べていないんだけどな・・・。

c0017505_14411923.jpg
今日は、ズッキーニと豆乳のスープ。
①オリーブオイルとにんにくを炒め、たまねぎをあわせ、塩こしょう・バター少々で透明になるまで炒める。ミキサーにかける。
②別鍋で下茹でしたズッキーニ(3本分)も、ミキサーにかける。
③1,2を鍋に戻し、豆乳でのばす。
④塩こしょうで、味をととのえる。味が薄かったら、コンソメを入れても。

胃にもたれないので、さっぱりと頂きました。
真夏は、冷やしても美味しいかもしれない。
ズッキーニもたまねぎも甘く、沢山食べられます。

来週になってもまだ・・・が続くようなら、もう一度病院行ってきます。

毎日蒸し暑いし、風邪や食中毒など怖い季節ですね。
みなさま、くれぐれもご自愛を!
[PR]
by hamu_totoro | 2007-06-21 14:54 | はむの日常

花のお皿

演奏会だ、ハライタだ・・・と、バタバタしていて、
今月はちっとも陶芸教室に行けていません。

c0017505_1182778.jpg
これは、4・5月に作ったもの。
4月(桜)のイメージです。

向かって左はピンク化粧。
スポンジで付けました。
右は、ピンク化粧をし忘れ…
仕方なく、透明釉の上から
マロンという釉薬を、
ブラシで散らしてみました。
花びらのイメージ、で。


でも、現実はなかなかうまく行かないですね(^^;)

そして、本当は入れ子だったの、本当はね・・・。
でも、ピンク化粧し忘れちゃったし、
大きいほうの凹ませをきつくしすぎて、
小さいほうが入らなくなっちゃったのです。
だから、独立したお花のお皿が二つとなりました。
まだまだ、まだまだですねぇ・・・。

この変形皿のあと、陶灯(キャンドルカバー)を作りました。
焼き締めなので、たぶん、もう、焼きあがっているはず。
そちらはうまく焼きあがっていますように!
[PR]
by hamu_totoro | 2007-06-20 11:19 | 陶芸

梅ジュースの仕込み

先日は、お見舞いのコメントを沢山頂きまして、ありがとうございました。
温かいお気持ちを頂いて、ホントに嬉しかったです。
おかげさまで、実家は復旧工事がほぼ完了し、片付けの手伝いもほぼ終了しました。
本当に、ありがとうございました。

ちなみに、妹の子はまだ生まれてません・・・。現在41週半ば。
火事にも動じない逞しい子のようで(!)、少々のことではへこたれない子になりそうです。
無事に産まれてほしいと、家族一同願っています。

今日になって、ようやくほっと一息つけた感じです。
今朝、なんとなく喉が痛くてだるかったので、午前中はのんびり寝ていました。
お昼にうどんを食べ、梅醤番茶を飲みながら、これを書いています。
少し楽になりました。
定期演奏会が来週末に迫っているので、体調をしっかり整えていきたいと思います。

さて、タイトルの梅ジュースについて。
私は梅が大好きです。
梅の花も、梅干も、梅酒も、大好き。
祖母の家には、大きな梅の木が2本あり、毎年たわわに実をつけます。
産まれてこのかた、梅干や梅酒は手作りのものを頂いています。ありがたいことです。

とはいえ、体調を崩して以来、お酒をあまり口にしなくなって久しい私。
実家で火事が起きる前、5月末に梅ジュースを仕込んでいたので、
まずその様子をアップします。

c0017505_13441844.jpg
梅の実は綺麗に水洗いし、
つまようじでヘタをとっておきます。


c0017505_13451675.jpg
水気を良く拭いておきます。
クロスで包んでいると、
ちいさな赤ちゃんのよう。
ころころと、かわいい。


c0017505_13471533.jpg
ポリ袋に入れて、一晩凍らせます。


c0017505_13481055.jpg
翌朝、凍砂糖と梅を交互に入れ、
お酢をほんの少しまわしかけました。
これは、梅からジュースが出やすくなるよう
呼び水にする意味と、
殺菌の意味があるそうです。
風味には影響がないとのこと。
先人の知恵ですね。


c0017505_13541421.jpg
で、本日、6月6日の梅ジュースの様子がこちら。


c0017505_13575369.jpg
並べてみると、だいぶ、ジュースがあがってきたのが分かります。

夏が今から楽しみです。
[PR]
by hamu_totoro | 2007-06-06 14:02 | 手作りのもの

ホシノ天然酵母でスコーン作り

c0017505_13545799.jpg
ベーキングパウダーを使わずに、スコーンが作りたいなと思い、
以前、ホシノ天然酵母を育てていますという記事を書きました。
酵母とお水を混ぜて、発酵させること2日。
酵母が熟成し、ポタージュのようになって、生種が完成。
びんの蓋を開けると、麹のような香りが立ち上ります。
冷蔵庫で保管すれば、2ヶ月くらいは大丈夫みたいです。
(←発酵させているときの写真。)


その後、kaoriちゃんから、いがらし ろみさんのコンフィチュールを頂いたのを機に、
スコーンを作ることにしました。
今回は、小麦粉450グラムに、コーングリッツ50グラムの配合で、
ぷちぷちとした食感を出そうとしてみました。

お砂糖、塩、バター、卵を粉になじませるまでは、普通の作り方と同じです。
ベーキングパウダーの代わりに、酵母大さじ2と牛乳(豆乳代用可)を溶いたものを、
少しずつ混ぜていき、まとめました。
まとめたあとは、あまり練らずに、40度で30分ほど発酵させました。
c0017505_144251.jpg

発酵後(写真1)、元の生地の2倍くらいの大きさになったところで、型抜き(2)。
天板の上に並べて(3)、200度で15分焼き、できあがり(4)。

#もうちょっと小さな型で抜いたほうがよかったかも。

ベーキングパウダーで作るときより、もちもち、パンのような風味のスコーンができました。
もちもちの中に、コーングリッツもちゃんと「ぷちぷち」と自己主張していて、面白い風味。

メープルシロップ、ミルクティーと。
c0017505_1465014.jpg

そして、お待ちかね、ろみさんの、コンフィチュールと。
c0017505_14105237.jpg
kaoriちゃんがくれたのは「ミュージック」と名前のついた
可愛いコンフィチュールでした。
マンゴーとフランボワーズの、甘酸っぱいコンフィです。
ろみさんの、オリジナルだそう。
スコーンにはさんで、たんぽぽコーヒーと一緒に頂きました♪


c0017505_14125195.jpg
甘酸っぱさと、「もちもち」、「ぷちぷち」とした香ばしい食感が合って、
とても美味しく頂けました。
久しぶりに、自宅でのんびりできた気がしました。

kaoriちゃん、今度、鎌倉の ろみさんのお店etc.にも、是非ご一緒したいな!
いつも、どうもありがとう♪
[PR]
by hamu_totoro | 2007-05-25 14:22 | 手作りのもの

友部レポート:春の恵みを収穫

5月11日~13日朝まで、友部で畑仕事をお手伝いしてきました。
今回は、おとなとこども合わせて20人近くが集まり、とてもにぎやかでした。

メインは、13日(日)の田植えだったのですが、
私は昼から合唱の立ち稽古があったので、今回は田植えをせずに早退。
来年こそは、田植えに参加するぞー。

5月12日。友部の朝ごはん。
c0017505_13122626.jpg

庭で炭を起こして焼いたパンは、香ばしくて美味しいです。
c0017505_13135189.jpg

あちこちから手が伸びて、あっという間に売り切れです。
c0017505_13154787.jpg

はむ夫は、チャイを作ってました。甘くて美味しい。
c0017505_13145355.jpg

朝ごはんのあと、布団を干しました。
キキちゃん(ラブラドール)も、気持ちよさそうにひなたぼっこ中。
お父さんが離れると、すぐに身を起こして追いかけていましたが。甘えん坊ちゃんです。
c0017505_13234532.jpg

午前中は、みんなで手分けして室内やお風呂、トイレのお掃除をしました。
ふだんは畑仕事のみで、おうちのお手入れを手伝うことがなかったので、
このときとばかりに、気持ちをこめて、磨き上げました。
郡司さんのおうち、いつもありがとう。

お昼ごはんを食べた後、畑仕事に向かいました。
c0017505_7425980.jpg
ウルトラ正太郎くん、気合入ってます。
じょわっ!



ちなみに、お気に入りのパジャマも、ウルトラ☆
(前回の写真。冬コスチューム。)
c0017505_1337436.jpg


サニーレタスの収穫。
c0017505_13201688.jpg

c0017505_13211052.jpg
取れたばかりのサニーレタスは、
まるでウエディングブーケみたい!
いい笑顔です。この写真、大好き。


おとなたちが、唐辛子やズッキーニの苗(まんまる農園さんから頂きました)を植えている間、
c0017505_1615775.jpg

少女たちは、シロツメクサのネックレスを作っていました。
c0017505_1624033.jpg

たろくんのヘアバンド(?)、可愛い!
c0017505_1633692.jpg

c0017505_1653815.jpg
よつばのクローバーを発見!
Hさんにあげました☆(幸せになってね!)

c0017505_1693419.jpg


さやえんどう豆の収穫。つるが、くるくるカールしていて、可愛い。
c0017505_16123886.jpg
c0017505_1613279.jpg


お豆が大きく育っているものだけ、収穫します。
空にかざすと、お豆が並んでいる様子が良く分かります。
これは、でこぼこ。
c0017505_16144935.jpg

これは、きちんとお行儀よく並んでいます。
c0017505_16152331.jpg

c0017505_16292350.jpg
さやの先っちょには、枯れた花がついていました。
お花が咲いた後に、お豆ができるんだね。
面白いね。
「みてー!おっきいよ!」
c0017505_16273189.jpg


c0017505_16165450.jpg
背中に背負ったかごに、沢山とれました。
「ぼくも がんばったよ!」
c0017505_16182622.jpg


c0017505_1631448.jpg
葉たまねぎの収穫。
じゃがいも畑の土寄せ。
(前回植えた種芋が、こんなに大きくなりました!)
c0017505_1633260.jpg


みんなで収穫した春のめぐみをもとに、夕ご飯の準備をしました。
夜は、ゲストのS夫妻が、オーストラリアでのエコビレッジ体験を話してくれるとあって、
人数はさらに増え、大人子供合わせて、なんと30人ほどに!

夕ご飯の準備は、さながら、災害後の炊き出しのようでした・・・。
出したご飯も大好評で、本当に「あっ!」という間に売り切れました。
私は、まかないごはんを食べるのがやっとになってしまい、
あまりに疲れてしまったので、片付けをお願いして、早々に寝床に入ってしまいました。

もうこれで、どんなに人数が増えても、怖くない・・・かな?

くろきんさん、ミスターをはじめ、みなさま、本当にお疲れ様でした!
後片付けをしてくださった方々、ありがとうございました!

翌日は無事に田植えをしたそうで、そのレポートは、友部deスマイルにあります。
併せてご覧ください☆

畑やたんぼは、植えて終わりではないので、また、草取りなどにお伺いしたいと思っています。
よろしくお願いします。
[PR]
by hamu_totoro | 2007-05-24 13:40 | 友部

保冷材のリサイクル

今日21日、22日、代々木公園でアースデイが開催されますね!
はむ夫が卒業旅行でインドに井戸掘りボランティアに 行ったのが縁で、
いまもボランティアで参加しているNGO、
地球の友と歩む会/LIFEも、出店しています。
なので、彼は朝早くからお手伝いにいきました。
お天気になって、よかった♪

それにちなんでというわけでもないのですが、
ワタシも、昨日、冷凍庫の整理をしていて、
冷凍庫に、保冷材が大量にあることに気づきました。

一昨年の夏、猛暑の折、クーラーのなかった我が家では、
タオルに小さな保冷材をいくつか包んで首に巻き、
実習のレポートを、せっせと書いたりしたっけ・・・。
この清貧生活(^^;)のおかげで、我が家の夏の電気代は冬並みだったもんなぁ。
なんて地球に優しい家庭でしょう。(苦笑)

それだけでなく、夏にはお弁当と一緒に包んでもたせていました。
お菓子作りの生クリームの泡立てのときにも、
下のボウルに10個ほど入れて水をはれば、氷水の代わりになりました。
熱が出たときも、親知らずを抜いて痛かったときにも、
小さな保冷材たちは、とても役に立ちました。


とはいえ、保冷材を頂く機会が多く、積もり積もって数が増え、
冷凍庫に入りきらなくなってきていました。

そのまま捨ててしまうのも、もったいない!!!
ので、何か再利用できるアイデアはないか、ネットで探してみました。


保冷材の中身は、高分子ポリマーが、水分を吸収した状態のようですね。
たとえるなら、濡れたスポンジの状態。

保冷材のメーカーによっては、「解凍時は、消臭剤・芳香剤としても使えます」
とうたっているものもあります。

ただ、全てのメーカーが、保冷材の再利用が可能とうたっているわけではなく、
全ての保冷材の中身が消臭・芳香剤にリサイクルできるのか、
不安な気持ちが残っています。

なので、まず、単一のメーカーの保冷材を集めて作り、
靴箱の消臭など、私たちが直接吸い込むところでないところにおいて、
効果のほどを、みてみようと思います。



いくつかのサイトで書かれていた、消臭・芳香剤の作り方をまとめます☆

①保冷材の中身を容器にあける。

  →手に触れても、水で洗い流せば毒性はほとんどないようですが、
    心配な人は、ゴム手袋など着用。

②電子レンジで30秒ほど加熱する。

  →高分子ポリマーの安定性は150℃くらいまでだそうなので、
   沸点を超えないように、様子を見ながら加熱したほうがよさそう。

  →逆をいえば、安定性を保ったまま蓄熱できれば、
    保温材にもなるということ。
    いくつかのサイトでは、封を切らない状態で、湯せんで温めれば
    発酵モノなどの保温が可能になる、というアイデアも紹介されていました。

③好みのアロマオイル(成分100%のものがいいようです)をたらし、
 ガーゼとリボンなどで蓋をする。

  →アロマオイルの量は、人によりさまざま・・・。お好みで。

  →人によっては、食紅や、絵の具でほんのり色をつけたり、
    透明性を利用して、ビー玉や、生のハーブを入れたりして、
    綺麗に作っている方もおられました。



うまくいったら、またご報告しますね~☆
もし、ほかにもいい情報がありましたら、お教えください☆
お待ちしています。



*参考にさせていただいた、主なサイト
 教えて!goo 
 保冷材の回収、小さなリサイクルを考える
 Sweet Heart
 どたばた日記

 ありがとうございました。 
[PR]
by hamu_totoro | 2007-04-21 09:47 | はむの日常

発酵ファミリー。

結婚当初から、ぬか漬けを細々と続けています。
はむ夫曰く、「ぬか漬けを食べるとおなかの調子がいい」とのこと。

ぬかの匂いが香ばしくて鼻に心地よいときもあれば、
体調によってはしんどいときもあります。
なので、本当に、気が向くままに漬けています。

本来なら1日一回はかき混ぜましょう、といわれているけれど
気が向かないと、1週間近く放置している場合もあります。
あんまり長く放置すると、表面が白っぽくなってきて、さすがにマズイので、
白っぽいところを捨て、新しい糠と塩を足すと、また元気になります。
そんないい加減な私が管理していても、ぬか床ちゃんが元気なのは、
冷蔵庫に入れているからと思われます。
我が家のぬか床は5歳。まだまだ、赤ちゃんです。

そんな我が家の冷蔵庫に、新しい発酵ファミリーが仲間入りしました。
にんにく味噌床と、パン酵母です。

にんにく味噌床は、かおりんから教えてもらいました。
用意した琺瑯の容器(野田琺瑯のシール蓋タイプのものにしました)に、
味噌1.5キロくらいと、皮を剥いたにんにくを6個くらい入れました。
これだけ。
そのうち、にんにくの風味が味噌に移り、いい感じになってくると思われます。
水切りした豆腐をつけると、チーズみたいになって美味しいとか。
あと、お勧めは、長いものにんにく味噌漬けだそうです。
かおりん、沢山のアイデアをいつもありがとう☆

それから、パン酵母。
スコーンを作るときに、ベーキングパウダーを入れているのが少し気になっていて、
パン酵母を入れて作るやり方があると知り、酵母を育ててみることにしました。

富沢商店で、ホシノ天然酵母パン種(50グラム入り)を見つけて、早速購入。
水を入れて、ビンの中で発酵させています。
保温を切ったあとの炊飯器でも、まだあったかいので、その上に置いたりして、
なるべくあったかくさせています。
↓こんな感じ。

c0017505_9184847.jpg


耳をすませると、そこはかとなく、ぷくぷく、ぷくぷく、と、音を立てています。
なんだか、かわいい。
うまく育つといいな~。

ぬか漬けも、にんにく味噌も、パン酵母も。おいしくな~れ!
[PR]
by hamu_totoro | 2007-04-13 09:15 | はむの日常

たけのこご飯

実家近くのかかりつけ歯医者に、一週間に一度通っています。
交通費がバカにならないのですが(汗)、中学時代から見てもらっているので
そちらに通っています。
実家に頻繁に顔を見せるようになったので、母は喜んでいますが・・・。

そんな母が、筍と鶏ひき肉の煮物をお土産に持たせてくれたので、
玄米と合わせて、たけのこご飯にしてみました。

c0017505_8554067.jpg


美味しかったよ~。
お母さん、どうもありがとう。
[PR]
by hamu_totoro | 2007-04-13 08:55 | はむの日常


パンやお菓子作り、畑仕事、陶芸、うたの楽しみを綴っています。作業療法士。たまにお仕事(精神障がいの方の支援)の話も。 ※日記に関係のないコメントやトラックバックは 削除させていただきます。


by hamu_totoro

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ

ブログパーツ

link

お気に入りブログ

日々是日記 - リターンズ -
montblanc / ...
ご飯と器
おとなは、だれも、はじめ...
Cafe Eight キ...
Cafe8センム日記
花屋&Cafeの話
土あそび
作陶日記 - つぐみ製陶...
happy days -...
ばーさんがじーさんに作る食卓
*花伝書*
ぱくぱくスタジオのパンダ日記
Kie*ものもの画帖
銀座 月光荘画材店
田中農園・ぺトラン 
The Lark Asc...
うつわやの、箸の上げ下げ
カオリラックスのリラック...
uto-uto to t...
代官山だより♪
お花いろいろ・レザンジュ...
ぴるりの気ままに日記
PURE CAFE
家事も仕事もぼちぼちと
Baking Diary
tsubomi.
K's Sweet Ki...
楽子の小さなことが楽しい毎日
Pure food li...
Psalm of The...
ばら屋さんのフラワーレシピ
hana* blog
My*Simple*Style
おうちを買おう
skippy's home
My slowlife ...
土遊布・どうゆうふう???
Eightablish
陶芸家・大江一人 『ロク...
代官山の手芸店 Merc...
おべんとう日記vol.2
いつか晴れた日に
ル・ポタジェ
Mis favoritos
カンタとハンナ
うつわノート
room 153+++
ユニオンスクエアの窯 ☆...
カエルのはんこ工房
Natural Life
natural life...
by the beach
vege dining ...
ブレーメン通信
ひろぽんのつぶやき
coupe-feti
JIM-NETニュース
O・ha・na・shi日...
YPSILONの台所 Ⅱ
えいえもん日記
新潟生活
粉もん☆マニア
Content S.K
糀 料 理 研 究 室 ...
アイシングクッキー&シュ...
召しませ!
『しかくいうつわ展』
ki-to-te・店番の日々。
おいしいおいしい うまいうまい
池田大介 器と余白

以前の記事

2016年 02月
2014年 10月
2014年 09月
more...

カテゴリ

はじめまして。
プロフィール
はむの日常
うた
手ごねパン
陶芸
手作りのもの
友部
築地・月島
作業療法
ハーブ園
忘れずにいたいこと

最新のトラックバック

料理写真教室☆大盛況!あ..
from お菓子教室&食育コミュニティ..
掲載、ありがとうございま..
from 「お散歩すとあ」店長のひとり..
写真展に行ってきました(..
from ● ほんとの「豊かな生活」を..
花緑「も」だいすきです
from 落語だいすき!
ホワイトデー
from hachilog2.0

検索

ライフログ


東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~


ベビーブック―もの、こと、おはなし


「たからもの」って何ですか


バッテリー


イントロデューシング


ブラバン!甲子園


京都のお酢屋のお酢レシピ (アスキームック)


赤毛のアンの手作り絵本〈2〉青春編

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

パン
料理・レシピ

画像一覧